{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702275274705623   整理番号:17A0501185

マサバにおけるインピーダンスの経時変化を考慮した粗脂肪量の推定方法

著者 (3件):
資料名:
号: 11  ページ: 1-7  発行年: 2017年03月31日
JST資料番号: Z0336C  ISSN: 1881-0594  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
魚体を非破壊で粗脂肪量を測定する方法として生体電気インピーダンス法がある。しかし,インピーダンスは魚の死後,減少することが確認されている。そこで,マサバを用いてインピーダンスの経時変化を考慮した粗脂肪量の推定を試みた。インピーダンスは各個体について3時間ごとに9回の測定を行い,変化係数を用いた重回帰分析によって,インピーダンスから粗脂肪量を推定した。粗脂肪量の推定値の標準誤差が1.57の粗脂肪量推定式を得た。今までの推定方法では,死後経過時間が経つほど粗脂肪量が少なく推定されていたが,変化係数を導入することで時間経過によるインピーダンスの減少を考慮して,粗脂肪量を推定できるようになった。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
食品の分析  ,  動物性水産食品 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る