{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702277029325880   整理番号:17A0961966

水田雑草における貫生化現象(無性偽胎生)とその生態的意義

著者 (2件):
資料名:
巻: 51  号:ページ: 147-152  発行年: 2017年08月10日
JST資料番号: L2274A  ISSN: 0289-8233  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
水田に発生する雑草において根絶を難しくしている無性偽胎生による貫生化現象について解説した。著者らの実験では水田雑草であるイグサ科イグサ属のコウガイゼキショウやホソガタホタルイ属のイヌホタルイで貫生化現象が確認されているので,実際での水田でも起こりえると考えた。カヤツリグサ科ハリイ属でも貫生による無性芽が出現し,水辺環境において無性芽を進行させた群であり,水田環境に適応したものと考えた。オモダカ科植物については水田環境での無性芽の発生は不明であるが,種子繁殖と栄養繁殖の両方を既に獲得しているので無性芽による栄養繁殖を必要としないものと考えた。以上,一年生の水田雑草における貫生化現象による無性芽の形成は種子繁殖が難しい水田環境において生き残るための繁殖戦略であると考察した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
生殖 
引用文献 (17件):
  • Hayasaka, E. 2012. Delineation of Schoenoplectiella Lye (Cyperaceae), a genus newly segregated from Schoenoplectus (Rchb.) Palla. J. Jap. Bot. 87, 169-186.
  • 早坂英介・大橋広好 2000. ミヤマホタルイ(カヤツリグサ科)の無性芽. 植物研究雑誌 75, 376-377.
  • 今井克則ら 2008. イネ在来系統‘赤毛'から生じた新規変異体の遺伝解析. 育種学研究 10, 135-143.
  • 石川統ら 2010. 生物学事典. 東京化学同人, 東京.
  • 角野康郎 1994. 日本水草図鑑. 文一総合出版, 東京.
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る