{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702277077930420   整理番号:17A0400498

生物医学的応用のための0.18μm CMOSによる0.5V Mw9.3ENOB68nW X KS/sのSAR型A DC【Powered by NICT】

A 0.5-V 9.3-ENOB 68-nW 10-kS/s SAR ADC in 0.18-μm CMOS for biomedical applications
著者 (2件):
資料名:
巻: 59  ページ: 40-46  発行年: 2017年
JST資料番号: A0186A  ISSN: 0026-2692  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ウェアラブル生物医学回路での利用を意図した10ビット超低電力逐次近似レジスタ(SAR)AD変換器(ADC)を提示した。ナノワット範囲の電力消費を達成するために,エネルギー効率改良V_CMベーススイッチング方式を提案した。添加では,完全に動的コンパレータと動的レジスタは,静的電力消費を除去するために使用されている。このような低電源電圧の信号線形性を改善するために,二重ブーストブートストラップスイッチを提案した。提案したSARA DCのプロトタイプをバイオセンサフロントエンド回路内の0.18μm1P6M CMOS技術,370×390μm~2の活性面積を占めるで作製した。SARA DCは57.8dBのSNDRを達成し,0.5V供給電圧と10kHzのサンプリング速度で68nWを消費し,10.8fJ/変換ステップの性能指数(FOM)をもたらした。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
AD・DA変換回路  ,  電力変換器  ,  半導体集積回路 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る