{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702279410990919   整理番号:17A1376008

乳酸菌加熱菌体HK L-137が比内地鶏の発育および生産性に及ぼす影響

Effect of heat-killed Lactbacillus plantarum L-137 on the growth performance and productivity in Hinai-jidori chicken
著者 (6件):
資料名:
巻: 88  号:ページ: 321-328(J-STAGE)  発行年: 2017年
JST資料番号: F0902B  ISSN: 1346-907X  CODEN: NICKA3  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
乳酸菌Lactobacillus plantarum L-137株の加熱菌体(HK L-137)給与が比内地鶏の発育および生産性に及ぼす影響について検討した.試験1ではHK L-137を112日齢まで2mg/kg, 試験2では28日齢まで10mg/kg, 112日齢まで2mg/kg添加した飼料を給与し,161日齢まで飼養した.HK L-137添加区は両試験において対照区より112日齢の体重が有意に優れ,161日齢体重,0-161日齢平均日増体重および飼料要求率が優れる傾向を示した.経済性においてもHK L-137添加区は対照区より生産指数が優れ,1羽当たりの粗収益が約65円増加した.また,HK L-137区は112日齢において脾臓のIFN-γ遺伝子の発現強度が対照区より高い傾向を示した.以上の結果から,HK L-137は比内地鶏の増体を促進し,生産性を改善することが示唆された.(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
鶏  ,  特殊飼料  ,  発酵食品一般 
引用文献 (34件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る