{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702280109717407   整理番号:17A0903570

長時間連続運転車両が事故発生リスクに与える影響分析

著者 (4件):
資料名:
巻: 55  ページ: ROMBUNNO.19-09  発行年: 2017年05月29日
JST資料番号: X0119B  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
長時間の連続運転は疲労や眠気を増幅させ,注意力・集中力が欠如した状態での運転操作を招き,事故発生リスクを高めることが予想される。しかし,長時間運転と事故発生リスクの定量的な関係は明らかになっていない。そこで本研究では,連続運転時間の閾値を超過する長時間連続運転車両が事故発生リスクに与える影響を分析した。具体的には,松山自動車道下り方向を対象に,富士通商用車プローブデータの走行履歴情報を用いて,車両ごとの連続運転時間を得た。次に,連続運転時間が5,000秒を超えた状態を長時間連続運転車両と定義し,道路区間ごとに長時間連続運転車両混入率を算出した。最後に,同混入率を考慮して,ポアソン回帰分析により事故発生リスク算定モデルを構築した。その結果,時間帯や道路幾何構造に加え,長時間運転車両混入率が事故発生リスクに対して正に有意な影響を与えることを示した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
自動車事故,交通安全 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る