{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702283194154531   整理番号:17A0388751

ナノ多孔質Auの速度論的に制御された合成とグルコース基礎生物燃料電池のためのその増強された電極触媒活性【Powered by NICT】

Kinetically controlled synthesis of nanoporous Au and its enhanced electrocatalytic activity for glucose-based biofuel cells
著者 (6件):
資料名:
巻:号:ページ: 2514-2520  発行年: 2017年
JST資料番号: W2323A  ISSN: 2040-3364  CODEN: NANOHL  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
豊富な高屈折率ファセット,キンクとステップを有するナノ多孔質金(NPG)構造はバイオ燃料電池におけるグルコース電解酸化のための有効な触媒として実証された。ここでは,水-氷浴に続く動力学的に制御される自己集合方法で塩化金酸(HAuCl_4)のクエン酸三ナトリウム(Na_3Cit)自己開始還元による高屈折率ファセットを持つ表面清浄NPG構造を設計した。解を開始する反応のある温度に加熱するために要求されるこの戦略は,従来のクエン酸三ナトリウム熱還元塩化金酸法による切断。しかし,ここで,表面清浄NPG構造は約9A cm~ 2mg~( 1)電流密度であり,同一条件下でTurkevich(Turkevich Au NPs)によって考案されたAuナノ粒子のそれよりも20倍以上高い値でグルコース電気酸化における高度に強化された触媒活性を示した。顕著な電極触媒活性は大きな電気化学的活性表面積,清浄表面と高指数ファセットまたは多孔質構造の高活性部位に起因した。グルコース電解酸化のための高指数ファセットを持つ表面清浄NPGの採用は現在のバイオ燃料電池技術の大幅な改善を約束し,実用化における燃料電池の可能性を示した。Copyright 2017 Royal Society of Chemistry All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
電気化学反応  ,  燃料電池 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです

前のページに戻る