{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702288173669841   整理番号:17A0373573

視覚センサネットワークにおける被覆問題:目標指向アプローチ【Powered by NICT】

The coverage problem in visual sensor networks: A target oriented approach
著者 (4件):
資料名:
巻: 75  ページ: 1-15  発行年: 2016年
JST資料番号: H0842A  ISSN: 1084-8045  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
視覚センサネットワーク(VSN)は,展開領域上に位置ランダムターゲットの数をカバーするために用意されている限られた角度(しばしば視野として知られている)の調整可能な球状部門と数自己構成視覚センサから構成されている。VSNの基本的な問題の一つは,最小数のセンサを用いたターゲットの最大数をカバーすることである。古典的ミニマックス問題はNP困難であることが知られている。既存ヒューリスティックスは,それらの被覆率に影響する弱点の数を有していた。,少ないカメラによるcoverableであることを標的の優先順位付けによる準最適被覆率を提供する新規の集中発見的方法を提案した。も既存の発見的方法と提案した発見的方法の両方のための近似限界を提供し,特定のシナリオにおいて,提案した発見的手法は,既存のものの性能を上回る事を証明した。最後に,増大サイズの合成データセットを用いた広範なシミュレーション実験を介して他の発見的方法と新しい発見的方法の性能比較を行った。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
計算機網 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る