{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702288565953229   整理番号:17A0407727

二重ひずみによるSPDed AlMnSi合金における結晶学的特性と構造変態の微量分析【Powered by NICT】

Microanalysis of crystallographic characteristics and structural transformations in SPDed AlMnSi alloy by dual-straining
著者 (4件):
資料名:
巻: 696  ページ: 1189-1198  発行年: 2017年
JST資料番号: D0083A  ISSN: 0925-8388  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
拘束溝プレス(CGP)と圧延後による二重歪経路は,Al-Mn-Siシートに適用した。CGP変形した試料は直接および交差方向に沿って0.47,0.8及び1.27株により続いて冷間圧延した。微細構造の研究は,CGP及び圧延による半伸長とラメラ構造の生成を示した。(111)及び(220)結晶面は狭細化しており(311)面は,相補的減少により強化されたので,X線回折(XRD)パターンは,二重歪を与えた試験片におけるCGPに及ぼす圧延の支配的な影響を示した。微結晶寸法,転位密度と格子歪の変化を追跡し,その結果は動的再結晶(DRX)は二重歪条件に起因する低歪から開始することを示した。0.47株を用いて取得した360nmの最小結晶サイズが,1.27歪までアニールした合金の単一圧延は出発物質(723 nm)の範囲で粗い微結晶を達成した。CGP変形したシートの圧延は直接および交差方向の平均サイズ619及び593nmの微結晶を形成した。直接圧延はDRX発生と結晶成長に及ぼすより効率的であったとして,転位密度と格子歪は両歪と0.57×10~13m~ 2と0.173ε_Lに達しさらに減少した。回折原理を用いて,ピークシフトを分析し,d-間隔は(111)面を系統的に計算した。単一圧延よりもむしろCGPはDRXに起因する格子膨張を引き起こした;が,二重歪を与えた試験片の格子コンパクト性を検討した。作製した試料の機械的性質は,引張および硬さ試験により取得した。196と141MPaの最大引張強さ(UTS)と降伏強さ(YS)はCGP+1.27直接圧延試験片を調べた。一方,5.24%の破断伸びは,二回CGP変形した合金を試験した,これはCGP+1.27交差圧延試料では2.63%に減少した。引張試験中の機械的に吸収されたエネルギーを計算した靭性試験片(CGP+0.8直接圧延)は6.3Jm~ 3を吸収した。2.75Jm~ 3の最小エネルギー値はCGP+1.27の交差圧延試料であった。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
機械的性質  ,  変態組織,加工組織 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る