{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702292966049611   整理番号:17A0409509

水産養殖廃水のりん捕獲と修復のための環境に優しい反応性材料【Powered by NICT】

Green reactive material for phosphorus capture and remediation of aquaculture wastewater
著者 (4件):
資料名:
巻: 105  ページ: 21-31  発行年: 2017年
JST資料番号: W0232A  ISSN: 0957-5820  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
腹足類殻(GS),緑色生体資源はカラム反応器における反応性材料として用いる水産養殖廃水(AQW)の管理のための二面アプローチを開発することであった。GSを用いてAQWからのリン(P)を捕捉・回収,肥料兼土壌改良剤として再利用するために,安全な放電のAQWの修復のためのことであった。P回収プロセスの動力学と平衡等温線パラメータをバッチプロセスで誘導され,P回収プロセスの時間-濃度プロファイルとAQWを修復するためのプロセスの能力をカラム反応器で評価し,30日の期間以上であった。バッチ速度論的解析は,P回収率は化学吸着またはイオン交換により制御された機構を介して起こることを示した。カラム反応器への全P負荷(P_in=50.71g)の有意な量はGSマトリクス中に捕獲された(P_ads=37.18g)であった。カラム反応器から得られた,P収着収率(P_%=73.32%)と最大P取込(q_max=185.9mg/g)の値は,PのGSの容量が高く,容量は30日の終わりに枯渇しなかったことを示した。熱力学的駆動力(ΔG(kJ/mol)<0)の値は,カルシウム鉱物として,りん酸塩の沈殿がP回収プロセスに寄与することを示した。GS,SEMによって確認されたように,外来物質の堆積にもかかわらず,使用済みGSのX線回折図における診断ピークの出現不能は非晶質カルシウムリン酸塩鉱物は,GS上に形成されたことを示した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
下水,廃水の化学的処理  ,  水質汚濁一般  ,  下水,廃水の生物学的処理 

前のページに戻る