機関
J-GLOBAL ID:201705021446876131   機関コード:6528807003 更新日: 2020年01月21日

秋田工業高等専門学校 創造システム工学科 物質・生物系

アキタコウギョウコウトウセンモンガッコウ ソウゾウシステムコウガッカ ブッシツセイブツケイ, National Institute of Technology, Akita College School of Creative System Engineering Department of Chemical and Biological Engineering
代表者: 系長 佐藤恒之
設立年: 1964
住所: 〒011-8511 秋田県秋田市飯島文京町1-1
電話番号: 018-847-6005
FAX番号: 018-857-3191
事業概要:
化学工業は、多様な材料を提供する素材産業のみならず、エネルギー・医療・食品など広範な産業に深くかかわりながら、現代の持続性社会を根底から支えている。最近では、高度なバイオテクノロジーを活用した医農工連携分野などの発展もめざましく、こうした新しい分野にも適応し活躍できる化学技術者の育成が求められている。
物質・生物系では、物質工学と生物工学の基礎を関連付けて教育し、燃料電池や炭素ナノ材料、バイオマテリアルなどの新しい技術や材料に対応できる柔軟な思考力と応用力を持つ物質工学と生物工学に通じた化学技術者の育成を基本方針としている。そのため低学年では、化学と生物に関する基礎科目を履修し、4年生から「マテリアル・プロセス工学コース」と「バイオ・アグリ工学コース」のいずれかのコースを選択し、それぞれの専門科目を履修するとともに、両コースに関連した共通専門科目を履修できるようになっている。また、さらに深く勉学を続けたい学生は、卒業後に高専の専攻科に進学したり、国立大学の3年生に編入学している。卒業生は、各種研究機関、石油化学産業、エレクトロニクス、製薬、食品、化粧品分野など幅広い業界で化学技術者として活躍している。
上位組織 (2件):

前のページに戻る