研究者
J-GLOBAL ID:201801000028322940   更新日: 2020年09月01日

向井 裕美

ムカイ ヒロミ | Mukai Hiromi
研究分野 (3件): 森林科学 ,  動物生理化学、生理学、行動学 ,  生態学、環境学
研究キーワード (4件): コミュニケーション ,  行動操作 ,  昆虫学 ,  動物行動学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2015 - 2018 昆虫の胚におけるコミュニケーション能力とその獲得機構の解明
  • 2014 - 2017 昆虫における可塑的なマルチキュー利用:能動的な情報選択機構の解明
  • 2011 - 2014 亜社会性ツチカメムシ類の孵化コミュニケーションシステムとその進化プロセスの解明
論文 (21件):
  • Haruna Ohsaki, Hiromi Mukai, Akira Yamowo. Biochemical recognition in seeds: Germination of Rumex obtusifolius is promoted by leaves of facilitative adult conspecifics. PLANT SPECIES BIOLOGY. 2020
  • 末吉昌宏, 向井裕美, 北島博, 黄俊浩. 菌床シイタケ栽培施設で発生したシワバネキノコバエ Allactoneura akasakana Sasakawa, 2005 (双翅目キノコバエ科). 森林総合研究所研究報告. 2019. 18. 3. 319-324
  • 向井裕美, 北島博, 渡辺恭平. 菌床シイタケ栽培施設におけるナガマドキノコバエ類天敵寄生蜂の分布. 関東森林研究. 2019. 70. 1
  • 向井裕美, 北島博. Parasitoid wasps regulate population growth of fungus gnats genus Neoempheria Osten Sacken (Diptera: Mycetophilidae) in shiitake mushroom cultivation. Biological Control. 2019. 134. 15-22
  • Jun Endo, Takuma Takanashi, Hiromi Mukai, Hideharu Numata. Egg-Cracking Vibration as a Cue for Stink Bug Siblings to Synchronize Hatching. CURRENT BIOLOGY. 2019. 29. 1. 143-+
もっと見る
MISC (2件):
  • Norihisa Kusumoto, Koh Hashida, Hiromi Mukai, Takuma Takanashi, Hiroo Yamada, Tatsuro Ohira, Fumio Kawamura. Seasonal variations and bioactivities of resin acid components in Cryptomeria japonica cones. The joint meeting of the 33rd Annual meeting of ISCE & the 9th meeting of the APACE. 2017. S9-P-101
  • 弘中 満太郎, 向井 裕美, 細川 貴弘. ベニツチカメムシは孵化直前に細菌を渡す--卵塊のケアと共生細菌塗布行動 (特集 共に生きる昆虫と微生物--運命共同体となる仕組み). 遺伝. 2011. 65. 1. 49-54
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 (国研)森林総合研究所 森林昆虫研究領域 主任研究員
  • 2017/04 - 2020/03 (国研)森林総合研究所 森林昆虫研究領域 テニュアトラック型任期付研究員
  • 2014/04 - 2017/03 (国研)森林総合研究所 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2011/04 - 2014/03 鹿児島大学大学院 連合農学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC1)
受賞 (4件):
  • 2019/09 - 日本きのこ学会 優秀ポスター発表賞
  • 2019/03 - 日本応用動物昆虫学会 第19回奨励賞
  • 2016/02 - 公益財団法人井上科学振興財団 第32回井上研究奨励賞
  • 2014/02 - 日本学術振興会 第4回育志賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る