研究者
J-GLOBAL ID:201801000177032407   更新日: 2021年03月18日

福田 鈴子

フクダ レイコ | FUKUDA Reiko
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 外国語教育 ,  文化人類学、民俗学
研究キーワード (2件): 多文化共生 ,  早期英語教育
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 該当なし
論文 (12件):
  • 福田鈴子. メディアを使った早期英語教育の危機:デジタライゼーションと実存の関係. 常葉大学健康プロデュース学部雑誌. 2021. 15. 1. 71-75
  • 福田鈴子, 砂子岳彦. V.E.フランクルの実存を構成する自己と他者:現象学の視点から解く人間構造と共生. 総合人間学研究. 2020. 第14号. 41-54
  • 福田鈴子, 砂子岳彦. 人間構造からみた異言語間コミュニケーション. 常葉大学経営学部紀要. 2020. 7. 2
  • 砂子岳彦, 福田鈴子. 自己に問う教養の在り方:現象学の視点から導く一考察. 常葉大学健康プロデュース学部雑誌. 2020. 14. 1
  • 福田鈴子. 英語教育における調和的認知:人間構造から解く自己内省型アプローチ. 常葉大学健康プロデュース学部雑誌. 2020. 14. 1
もっと見る
書籍 (1件):
  • 人の「在り方」とコミュニケーション
    2017
講演・口頭発表等 (10件):
  • 幼稚園教諭養成校の『児童英語』の授業を通してみえてきた意義:実存的構造からみる自己内省的なアプローチ
    (日本児童英語学会 2020)
  • 相対主義から自己探求による多文化共生:ベネットを超えて
    (多文化関係学会 2019)
  • V.E.フランクルの実存を構成する自己と他者:現象学の視点から解く人間構造と共生
    (日本倫理学会 2019)
  • 共生社会システム化を目指して:数理モデルへの応用
    (共生社会システム学会 2019)
  • 自他の関係性から解く人間構造とその応用:現象学の系譜から見えてくる共生
    (応用哲学会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1999 - 2001 常葉学園大学大学院 英米言語文化専攻
  • 1997 - 1999 エバンズビル大学 国際関係学科
  • 1997 - 1997 ブリンマー大学
  • 1994 - 1996 常葉学園大学 英米語学科
学位 (1件):
  • 英米言語文化学修士
経歴 (4件):
  • 2005/04 - 現在 常葉大学 健康プロデュース学部 こども健康学科 講師
  • 2007/04 - 2012/03 浜松大学 ビジネスデザイン学部 講師
  • 2005/04 - 2007/03 浜松大学 国際経済学部 講師
  • 2003/04 - 2005/03 富士常葉大学 非常勤講師
委員歴 (1件):
  • 2010/04 - 2012/07 外国人の青少年の学び直しを支援する会
所属学会 (7件):
多文化関係学会 ,  総合人間学会 ,  日本倫理学会 ,  日本児童英語教育学会 ,  共生社会システム学会 ,  異文化間教育学会 ,  異文化コミュニケーション学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る