研究者
J-GLOBAL ID:201801000220484058   更新日: 2020年09月01日

小林 正

コバヤシ タダシ | Kobayashi Tadashi
研究分野 (3件): 磁性、超伝導、強相関系 ,  半導体、光物性、原子物理 ,  電子デバイス、電子機器
研究キーワード (10件): ESRイメージング ,  ESR結晶学 ,  スピンハミルトニアン解析 ,  パワースペクトル ,  ブロッホの分散スペクトル ,  ブロッホの吸収スペクトル ,  周波数掃引仕様ESR ,  QD(Quadrature Detection)法 ,  電磁ホーン型ESR ,  ESR EPR
競争的資金等の研究課題 (22件):
  • 2017 - 2021 放電発生ラジカルの長寿命化の解明と革新的プラズマ水処理技術の構築
  • 2016 - 2019 新規冷却MRIコイル付ホーン型とTMモード共振器型ESRによる腫瘍イメージング
  • 2016 - 2019 QD法電磁ホーン型・共振器型ESR装置開発と同計測法・解析法の標準化と応用
  • 2016 - 2018 ウェアラブルOHラジカル検出シートの開発
  • 2013 - 2016 冷却装置付3D・MRIコイルを備えた電磁ホーン型ESR装置による腫瘍イメージング
全件表示
論文 (56件):
MISC (1件):
  • 小林 正. APL図形出力について(<利用の手引き特集>図形処理編(その2)). 金沢大学情報処理センター広報. 1987. 10. 3. A1-152
特許 (7件):
書籍 (4件):
  • 物理学実験
    学術図書出版社 2018 ISBN:9784780606669
  • 先端的ESR結晶解析システムとESR-CTシステムの総合開発と実用化
    [大分大学] 2001
  • 走査型トンネル顕微鏡/原子間力顕微鏡利用技術集成
    ティー・アイ・シィー 1994 ISBN:4924890189
  • APL図形出力について(<利用の手引き特集>図形処理編(その2))
    金沢大学情報処理センター広報 1987
講演・口頭発表等 (149件):
  • 電磁ホーン型ESR装置の開発と応用
    (第58回電子スピンサイエンス学会年会 2019)
  • 電磁ホーン型ESR:透過測定再挑戦
    (第58回電子スピンサイエンス学会年会 (SEST2019 ) 2019)
  • QD法電磁ホーン型ESR装置による試料中の遷移金属イオン種の同定法
    (第23回ESRフォーラム研究会 2019)
  • 電磁ホーン型ESR装置の高性能化
    (第23回ESRフォーラム研究会 2019)
  • MgO単結晶中のMnイオンの挙動について
    (第57回電子スピンサイエンス学会年会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1969 - 1972 九州大学大学院 博士課程 物理学専攻
  • 1967 - 1969 金沢大学大学院 修士課程 物理学専攻
  • 1963 - 1967 関西学院大学 物理学科
経歴 (8件):
  • 2010/04 - 2018/11 大分大学 工学部 改組後の理工学部創生工学科電気電子コース 名誉教授 客員教授
  • 2010/04 - 2012/03 大分県産業創造機構 特別雇用研究員
  • 1997/10 - 2010/03 大分大学 工学部電気電子工学科 教授
  • 1996/05 - 2001/03 科学技術庁(後の文科省) 無機材質研究所 関田研究室 客員研究官
  • 1986/10 - 1997/09 北陸大学 教養部 改組後 外国語学部 教授
全件表示
所属学会 (1件):
電子スピンサイエンス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る