研究者
J-GLOBAL ID:201801000278724954   更新日: 2021年09月14日

中川 治

ナカガワ オサム | NAKAGAWA Osamu
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://www.bunri-u.ac.jp/https://www.bunri-u.ac.jp/en/
研究分野 (3件): 薬系化学、創薬科学 ,  ケミカルバイオロジー ,  生体化学
研究キーワード (4件): 核酸化学 ,  核酸医薬 ,  生物有機化学 ,  有機化学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 劇的な薬効向上とデリバリー機能を兼ね備えた人工核酸分子の開発
  • 2015 - 2018 圧倒的な結合親和性を有する糖部架橋型人工核酸の創製と核酸医薬への応用
  • 2014 - 2017 RNA干渉効果の時空間制御機能を兼ね備えたプロドラッグ型siRNA分子の開発
  • 2012 - 2014 細胞内還元環境に応答して活性化するsiRNA創薬の開発
  • 2008 - 2009 細胞内における8-オキソグアノシン検出を目指した低分子プローブの開発
全件表示
論文 (56件):
  • Kishimoto Y, Fujii A, Nakagawa O, Obika S. Enhanced Duplex- and Triplex-forming Ability and Enzymatic Resistance of Oligodeoxynucleotides Modified by a Tricyclic Thymine Derivative. Organic & Biomolecular Chemistry,. 2021. Advance Article
  • Nakagawa O, Aoyama H, Fujii A, Kishimoto Y, Obika S. Crystallographic Structure of Novel Types of AgI-Mediated Base Pairs in Non-canonical DNA Duplex Containing 2′-O,4′-C-Methylene Bridged Nucleic Acids. Chemistry - A European Journal. 2021. 27. 11. 3842-3848
  • Kishimoto Y, Nakagawa O, Fujii A, Yoshioka K, Nagata T, Yokota T, Hari Y, Obika S. 2′,4′-BNA/LNA with 9-(2-Aminoethoxy)-1,3-diaza-2-oxophenoxazine Efficiently Forms Duplexes and Has Enhanced Enzymatic Resistance**. Chemistry - A European Journal. 2021. 27. 7. 2427-2438
  • Funai T, Tagawa C, Nakagawa O, Ono A, Wada S, Urata H. Enzymatic formation of consecutive thymine-HgII-thymine base pairs by DNA polymerases. Chemical Communications. 2020. 56. 12025-12028
  • Fujii A, Nakagawa O, Kishimoto Y, Nakatsuji Y, Nozaki N, Obika S. Oligonucleotides Containing Phenoxazine Artificial Nucleobases: Triplex-Forming Abilities and Fluorescence Properties. ChemBioChem. 2020. 21. 6. 860-864
もっと見る
特許 (2件):
  • 水性検体溶液中の8-オキソ-2'-デオキシグアノシンを高感度で定量検出する方法
  • Targeted Intercellular Delivery of Oligonucleotides via Conjugation with Small Molecule Ligands
書籍 (5件):
  • REDUCT-siRNA:プロドラッグ型siRNAによる優れた遺伝子発現抑制効果
    生産と技術, 68, 72-76, 生産技術振興協会 2016
  • 化学的アプローチを駆使した核酸医薬の最前線
    遺伝子医学 MOOK, 30, 125-131, メディカルドゥ 2016
  • 遺伝子の損傷診断・発現抑制・デリバリーを統合的に機能化する人工核酸の開発
    薬学雑誌, 134, 1319-1329, 日本薬学会 2014
  • 動的コンビナトリアルケミストリーによるDNA結合分子の探索
    ファルアシア, 42, 938-939, 日本薬学会 2006
  • 核酸をトリガーとする増幅反応
    化学, 60, 70-71, 化学同人 2005
講演・口頭発表等 (123件):
  • 改変ジフテリア毒素による薬剤送達技術の開発
    (日本薬学会 第141年会 2021)
  • 9-アミノエトキシフェノキサジンコンジュゲートオリゴ核酸の合成と評価
    (日本薬学会 第140年会 2020)
  • 9-アミノエトキシフェノキサジン塩基を有するグリコール核酸の合成と評価
    (日本薬学会 第140年会 2020)
  • Evaluation of oligodeoxynucleotides containing tricyclic 2-oxobenzo[b][1,8]naphthyridine that targets adenine nucleobase
    (日本化学会 第100春季年会2020 2020)
  • 糖部や塩基部を修飾した人工核酸の金属錯体型塩基対形成能
    (未来核酸テクノロジー研究会2019 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2001 - 2004 大阪大学 応用医療薬科学専攻
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (大阪大学)
経歴 (7件):
  • 2021/04 - 現在 大阪大学 大学院薬学研究科 招聘准教授
  • 2020/04 - 現在 徳島文理大学 薬学部 准教授
  • 2014/04 - 2020/03 大阪大学 大学院薬学研究科 特任講師
  • 2011/08 - 2014/03 大阪薬科大学 薬学部 助手
  • 2009/04 - 2011/07 The University of North Carolina at Chapel Hill, UNC Eshelman School of Pharmacy Postdoctoral Research Associate
全件表示
受賞 (1件):
  • 2014/01 - 日本薬学会近畿支部 日本薬学会近畿支部奨励賞
所属学会 (3件):
日本ケミカルバイオロジー学会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る