研究者
J-GLOBAL ID:201801000508034855   更新日: 2020年08月31日

渕上 貴央

Fuchigami Takao
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 外科系歯学
研究キーワード (3件): 創傷治癒 ,  歯原性腫瘍 ,  口唇口蓋裂
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2020 動物移植モデルを用いたエナメル上皮腫の浸潤形態の多様性に関わる因子の解明
  • 2016 - 2018 エナメル上皮腫の多様な浸潤発育機構の解明
  • 2014 - 2016 エナメル上皮腫による骨破壊に関わる分子メカニズムの解明
論文 (12件):
  • 吉野 浩史, 岐部 俊郎, 山下 薫, 渕上 貴央, 手塚 征宏, 中村 典史. 顎裂部腸骨海綿骨移植術における、術後悪心・嘔吐と摂食回復期間との関連. 小児口腔外科. 2019. 29. 2. 221-221
  • Kimura N, Kim H-G, Okawachi T, Fuchigami T, Tezuka M, Kibe T, Yamada S, Amir MD, Ishihata K, Nozoe E, et al. Pilot study of visual and quantitative image analysis of facial surface asymmetry in unilateral complete cleft lip and palate. CPCJ. 2018
  • Amir MS, Fuchigami T, Kibe T, Tezuka M, Ishihata K, Nakamura N. Reliability of Americleft Yardstick nasolabial appearance assessment with/without basal view for Japanese children with unilateral complete cleft lip and palate. CPCJ. 2018
  • Takao Fuchigami, Hirofumi Koyama, Michiko Kishida, Yoshiaki Nishizawa, Mikio Iijima, Toshiro Kibe, Masahiro Ueda, Tohru Kiyono, Yoshimasa Maniwa, Norifumi Nakamura, et al. Fibroblasts promote the collective invasion of ameloblastoma tumor cells in a 3D coculture model. FEBS OPEN BIO. 2017. 7. 12. 2000-2007
  • Aya Maeda-lino, Minami Furukawa, Sangho Kwon, Kanako Marutani, Shoko Nakagawa, Takao Fuchigami, Norifumi Nakamura, Shouichi Miyawaki. Evaluation of maxillary central incisors on the noncleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate-Part 2: Relationship between root resorption, horizontal tooth movement, and quantity of grafted autogenous bone. ANGLE ORTHODONTIST. 2017. 87. 6. 863-870
もっと見る
MISC (32件):
  • 古閑 崇, 岐部 俊郎, 渕上 貴央, 手塚 征宏, 木村 菜美子, 田口 哲志, 中村 典史. 多孔膜状疎水化ゼラチン接着膜が創傷治癒過程に与える影響. 日本口腔科学会雑誌. 2019. 68. 2. 151-152
  • 岐部 俊郎, 大河内 孝子, 前田 綾, 渕上 貴央, 手塚 征宏, 木村 菜美子, 石畑 清秀, 宮脇 正一, 中村 典史. 新規骨再生誘導材OCP/Collagenを用いた片側性唇顎口蓋裂に対する顎裂治療への有効性. 日本口蓋裂学会雑誌. 2019. 44. 2. 127-127
  • 石畑 清秀, 野添 悦郎, 大河内 孝子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 木村 菜美子, Subhan Amir Muhammad, 古閑 崇, 前田 綾, et al. 唇顎口蓋裂患者における顎矯正手術術後の安定性と顎顔面骨格形態の評価. 日本口蓋裂学会雑誌. 2019. 44. 2. 136-136
  • 前田 綾, 大石 章仁, 權 相豪, 渡邉 温子, 中川 祥子, 古川 みなみ, 岐部 俊郎, 渕上 貴央, 中村 典史, 宮脇 正一. 上顎前方牽引装置で治療した片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における顎顔面形態の長期的評価. 日本口蓋裂学会雑誌. 2019. 44. 2. 131-131
  • 木村 菜美子, 大河内 孝子, 渕上 貴央, 金 亨燮, 石畑 清秀, 手塚 征宏, 岐部 俊郎, 野添 悦郎, 中村 典史. モアレ重心偏位値による片側性唇顎口蓋裂の顔面表面形状非対称評価の試み. 日本口腔科学会雑誌. 2018. 67. 2. 194-194
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2012 - 2015 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (鹿児島大学)
経歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 鹿児島大学病院 口腔顎顔面外科 助教
  • 2016/04 - 2018/03 鹿児島大学病院 口腔顎顔面外科 医員
  • 2015/04 - 2016/03 日本学術振興会特別研究員PD
  • 2014/04 - 2015/03 日本学術振興会特別研究員DC2
受賞 (4件):
  • 2019/05 - 日本口蓋裂学会 日本口蓋裂学会雑誌 優秀論文賞
  • 2016/06 - コスモ・バイオ学術論文賞
  • 2016/05 - 日本口蓋裂学会 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 優秀ポスター賞
  • 2012/10 - 日本口腔外科学会 第57回日本口腔外科学会総会・学術集会 優秀口演発表賞
所属学会 (5件):
日本頭頸部癌学会 ,  日本小児口腔外科学会 ,  日本口蓋裂学会 ,  日本口腔科学会 ,  日本口腔外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る