研究者
J-GLOBAL ID:201801000556670453   更新日: 2022年06月28日

林 大久生

Takuo Hayashi
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 人体病理学
研究キーワード (5件): 病理診断学 ,  分子病理学 ,  肺癌 ,  ゲノム医療 ,  リンパ脈管筋腫症
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2019 - 2023 がんクリニカルシークエンス解析に基づいた「骨軟部腫瘍分子標的」の作用機序解明
  • 2020 - 2022 肺腺癌における免疫チェックポイント阻害抗体治療効果予測バイオマーカーの開発
  • 2019 - 2022 骨軟部腫瘍の「小胞体ストレス」機能解析に基づいた新規治療法開発
  • 2019 - 2022 微小組織多領域シークエンスによる免疫療法治療抵抗性分子機構の解明
  • 2021 - FISH法を用いたKDM5D欠失癌の効率的な検出法の開発
全件表示
論文 (139件):
  • Yasuhito Sekimoto, Yuichi Nagata, Motoyasu Kato, Yuta Arai, Yuichi Fujimoto, Haruhi Takagi, Takehiko Shukuya, Takuo Hayashi, Tetsutaro Nagaoka, Yasuko Yoshioka, et al. Idiopathic dendriform pulmonary ossification diagnosed by bronchoscopic lung cryobiopsy: A case report. Respirology case reports. 2022. 10. 2. e0896
  • Kazuki Nishimura, Kyosuke Nishio, Kensuke Hirosuna, Kazumasa Komura, Takuo Hayashi, Wataru Fukuokaya, Ayako Ura, Taizo Uchimoto, Ko Nakamura, Tatsuo Fukushima, et al. Efficacy of pembrolizumab and comprehensive CD274/PD-L1 profiles in patients previously treated with chemoradiation therapy as radical treatment in bladder cancer. Journal for immunotherapy of cancer. 2022. 10. 1
  • Satsuki Kishikawa, Takuo Hayashi, Tsuyoshi Saito, Kazuya Takamochi, Keita Sasa, Yoshiyuki Suehara, Fumiyuki Takahashi, Noriko Sasahara, Shinji Kohsaka, Kenji Suzuki, et al. Distinct properties of pure- and mixed-type high-grade fetal lung adenocarcinomas by genetic profiling and transcription factor expression. Virchows Archiv : an international journal of pathology. 2021
  • Roger S Smith, Igor Odintsov, Zebing Liu, Allan Jo-Weng Lui, Takuo Hayashi, Morana Vojnic, Yoshiyuki Suehara, Lukas Delasos, Marissa S Mattar, Julija Hmeljak, et al. Novel patient-derived models of DSRCT enable validation of ERBB signaling as a potential therapeutic vulnerability. Disease models & mechanisms. 2021
  • Motoyasu Kato, Mikiko Mori, Keita Miura, Tetsuhiko Asao, Hiroaki Motomura, Koichi Nishino, Ryo Ko, Ryo Koyama, Takuo Hayashi, Kazuhisa Takahashi. Dramatic, significant metabolic response to a one-time pembrolizumab treatment following a relapse of pre-existing organizing pneumonia in a patient with advanced non-small cell lung cancer: A case report. Thoracic cancer. 2021
もっと見る
MISC (283件):
  • 松本 直久, 黒川 加奈, 朝尾 哲彦, 嶋田 奈緒子, 長岡 鉄太郎, 林 大久生, 高橋 和久. 気管支鏡生検検体を用いたOncomine Dx Target test multi CDx systemにおける診断に関する検討. 気管支学. 2021. 43. Suppl. S177-S177
  • 武川 栞, 高持 一矢, 林 大久生, 岸川 さつき, 渡邊 敬夫, 福井 麻里子, 服部 有俊, 松永 健志, 鈴木 健司. Bronchiolar adenomaの画像所見の特徴. 日本呼吸器外科学会雑誌. 2021. 35. 3. O23-2
  • 高持 一矢, 原 貴恵子, 林 大久生, 松永 健志, 服部 有俊, 福井 麻里子, 鈴木 健司. 肺扁平上皮癌切除例におけるPD-L1、PD-L2の発現とその臨床的意義. 日本呼吸器外科学会雑誌. 2021. 35. 3. MO10-1
  • 津久井 崇文, 宮野 剛, 渡邊 敬夫, 瀬尾 尚吾, 越智 崇徳, 古賀 寛之, 林 大久生, 荒川 敦, 新見 奈央子, 片岡 久実, et al. 先天性気管支肺前腸奇形(CBPFM)の2例. 日本小児外科学会雑誌. 2021. 57. 2. 415-415
  • 末原 義之, 林 大久生, 加藤 俊介, 齋藤 剛. 【骨・軟部腫瘍のマネジメント(その1)】診断 組織・遺伝子診断 骨・軟部腫瘍におけるがんクリニカルシークエンス. 別冊整形外科. 2021. 79. 84-95
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2009 順天堂大学大学院 人体病理病態学
  • - 2003 山梨医科大学 医学科
経歴 (3件):
  • 2016/04 - 現在 順天堂大学医学部 人体病理病態学講座 准教授
  • 2013/04 - 2016/03 メモリアルスローンケタリングがんセンター 病理部 客員研究員
  • 2009/04 - 2013/03 順天堂大学医学部 人体病理病態学講座 助教
委員歴 (1件):
  • 2020/11 - 現在 日本肺癌学会 病理委員会委員
受賞 (2件):
  • 2017 - 日本病理学会 日本病理学会症例研究賞(B演説)
  • 2014 - 日本病理学会 学術奨励賞
所属学会 (8件):
米国癌治療学会 ,  米国・カナダ病理学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本呼吸器学会 ,  日本肺癌学会 ,  日本癌学会 ,  日本病理学会 ,  世界肺癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る