研究者
J-GLOBAL ID:201801000645453075   更新日: 2024年02月01日

齋藤 伸一郎

SAITO SHINICHIRO
研究分野 (3件): 細胞生物学 ,  実験病理学 ,  免疫学
研究キーワード (5件): 自己免疫疾患 ,  形質細胞様樹状細胞 ,  樹状細胞 ,  核酸認識TLR ,  Toll様受容体
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2023 2型自己免疫性肝炎とその関連肝臓疾患の発症機構の解明
  • 2020 - 2022 核酸認識TLRによるエンドソーム・ライソソームの応答ゾーンの解明
  • 2018 - 2020 核酸認識TLRによるエンドソーム・ライソソームの応答ゾーンの解明
  • 2016 - 2018 Arl8bによる制御性T細胞の調節機構の解明
  • 2014 - 2018 全身性エリトマトーデス発症におけるArl8bの役割
全件表示
論文 (68件):
もっと見る
MISC (121件):
  • 齋藤 伸一郎. 細胞内オルガネラを介した神経系と免疫系の制御機構 樹状細胞のエンドソーム異常による2型自己免疫性肝炎と原発性胆汁性胆管炎の発症. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2022. 95回. 1S16m-06
  • SAITOH Shin-Ichiroh, HARADA Kenichi, MORI-SAITOH Yoshiko, SUN-WADA Ge-Hong, DENDA Tamami, OTA Yasunori, SAGARA Hiroshi, WATANABE Yuji, WADA Yoh, MIYAKE Kensuke, et al. 樹状細胞におけるエンドソーム異常は自己免疫性肝疾患を引き起こす. 日本免疫学会総会・学術集会記録(CD-ROM). 2022. 51
  • SHIBATA Takuma, RYOTA Sato, SHIN-ICHIROH Saitoh, MIYAKE Kensuke. TLR7ストレス応答はSLC29A3疾患における組織球増加症を促進する. 日本免疫学会総会・学術集会記録(CD-ROM). 2022. 51
  • 齋藤伸一郎. 樹状細胞のエンドソーム異常によりαβT細胞とγδT細胞を活性化することで自己免疫性肝炎と原発性胆汁性胆管炎を引き起こす. 日本エンドトキシン・自然免疫研究会プログラム・抄録集. 2022. 27th (Web)
  • SAITOH Shin-Ichiroh, SAITOH-MORI Yoshiko, MIYAKE Kensuke. 樹状細胞におけるRab7aの消失は2型自己免疫性肝炎と原発性胆汁性肝硬変を引き起こす. 日本免疫学会総会・学術集会記録(CD-ROM). 2021. 50
もっと見る
書籍 (5件):
  • Toll-Like Receptors and Their Regulatory Mechanisms.
    Springer 2011
  • TLR4の病原体認識におけるアクセサリー分子の役割
    秀潤社 2006
  • LPSの認識とTLR4/MD-2の多量体形成 (自然免疫)
    中山書店 2005
  • エンドトキシン(LPS)の認識機構とTLR4の活性化機構
    羊土社 2004
  • 自然免疫とToll-like receptor(TLR)のシグナル伝達
    羊土社 2004
講演・口頭発表等 (20件):
  • ADP-ribosylation factor-like 8b is required for the pathogenesis of mouse models of Systemic Lupus Erythematosus
    (第46回日本免疫学会学術集会 2017)
  • Arl8bは全身性エリテマトーデスモデルマウスBXSB.Yaaの病気の発症に関わっている.
    (第23回日本エンドトキシン・自然免疫研究会 2017)
  • Metabolic permission for IFNa induction is connected by Toll-like Receptor 7 trafficking
    (第45回日本免疫学会学術集会 2016)
  • Toll-like receptor 7の移動は代謝センサーmTorC1による1型インターフェロン産生の制御と結びついている.
    (第22回日本エンドトキシン・自然免疫研究会 2016)
  • The Arf-like GTPase Arl8b drives TLR7 into type I interferon-mediated inflammation
    (第42回日本免疫学会学術集会 2013)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (大阪大学)
経歴 (1件):
  • 2023/04 - 現在 和歌山県立医科大学 先端医学研究所 難病発症機構研究部 教授
委員歴 (1件):
  • 2018/12 - 現在 日本エンドトキシン・自然免疫研究会 理事
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る