研究者
J-GLOBAL ID:201801000734353416   更新日: 2020年10月19日

的場 史朗

マトバ シロウ | Matoba Shiro
所属機関・部署:
職名: 特別助教
研究分野 (2件): 量子ビーム科学 ,  半導体、光物性、原子物理
研究キーワード (6件): 移動度 ,  マイクロチャンネルプレート ,  ミュオン生成標的 ,  ミュオン ,  放射線物理学 ,  原子分子物理学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2019 移動管法による低エネルギーミュオン衝突の研究
  • 2017 - 2018 大強度陽子ビーム生成標的・窓材料に関する先端的研究
  • 2017 - 2018 真空排気技術の革新的展開:長寿命低活性化温度非蒸発ゲッターコーティングの開発
  • 2016 - 2017 熱エネルギー領域における負ミュオン衝突実験の研究
  • 2013 - 2015 多孔性結晶薄膜を用いた分子イオンの配向制御に関する研究
論文 (22件):
MISC (1件):
  • 本橋 健次, 齋藤勇一, 宮脇信正, 的場史朗. ガラス曲面チャネルを透過した4-MeV-C4+イオンビームの運動エネルギー. JAEA Review. 2016. 2015-022. 131-131
講演・口頭発表等 (8件):
  • Calculations of Muon Yields from A Production Target Made of Silicon Carbide
    (14th International Workshop on Spallation Materials Technology 2018)
  • 気相中のミュオン移動度の測定
    (第7回イオン移動度研究会 2018)
  • Development of an apparatus for muon mobility measurement in rare gases
    (XIX International Workshop on Low-Energy Positron and Positronium Physics 2017)
  • Status and prospect of MLF Muon target
    (The international workshop on future potential of high intensity accelerators for particle and nuclear physics 2016)
  • Monitoring system for a muon rotating target at J-PARC
    (The 6th High Power Targetry Workshop 2016)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2008 東京都立大学大学院 物理学専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京都立大学大学院)
受賞 (1件):
  • 日本原子力学会関東・甲越支部 第十二回若手研究者発表討論会 奨励賞 テーパー加工によるマイクロチャンネルプレートのイオン検出高効率化
所属学会 (2件):
原子衝突学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る