研究者
J-GLOBAL ID:201801000788012142   更新日: 2019年12月09日

眞杉 洋平

マスギ ヨウヘイ | Masugi, Yohei
所属機関・部署:
職名: 専任講師(有期)
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2020 膵癌組織における免疫抑制性微小環境のデジタル画像解析ならびに亜分類の試み
  • 2018 - 2020 膵癌組織の高精細デジタル画像解析による免疫抑制性腫瘍微小環境のサブクラス分類
  • 2015 - 2016 分子病理疫学的手法による消化器癌の発生原因の解明
  • 2012 - 2015 膵癌における弧在性浸潤の分子機構:弧在性癌細胞に発現する分子の同定および機能解析
  • 2011 - 2013 膵癌における上皮間葉移行-孤在性浸潤-の分子機構および臨床的意義の解明
論文 (102件):
  • Masugi Y., Abe T., Ueno A., Fujii-Nishimura Y., Ojima H., Endo Y., Fujita Y., Kitago M., Shinoda M., Kitagawa Y., Sakamoto M. Characterization of spatial distribution of tumor-infiltrating CD8+ T cells refines their prognostic utility for pancreatic cancer survival. Modern Pathology. 2019. 32. 10. 1495-1507
  • Masugi Y, Abe T, Tsujikawa H, Effendi K, Hashiguchi A, Abe M, Imai Y, Hino K, Hige S, Kawanaka M, Yamada G, Kage M, Korenaga M, Hiasa Y, Mizokami M, Sakamoto M. Quantitative assessment of liver fibrosis reveals a nonlinear association with fibrosis stage in nonalcoholic fatty liver disease. Hepatology communications. 2018. 2. 1. 58-68
  • Masugi, Y., Nishihara, R., Hamada, T., Song, M., da Silva, A., Kosumi, K., Gu, M., Shi, Y., Li, W., Liu, L., Nevo, D., Inamura, K., Cao, Y., Liao, X., Nosho, K., Chan, A. T., Giannakis, M., Bass, A. J., Hodi, F. S., Freeman, G. J., Rodig, S. J., Fuchs, C. S., Qian, Z. R., Nowak, J. A. and Ogino, S. Tumor PDCD1LG2 (PD-L2) Expression and the Lymphocytic Reaction to Colorectal Cancer. Cancer Immunol Res. 2017. 5. 11. 1046-1055
  • Hamada, T., Cao, Y., Qian, Z. R., Masugi, Y., Nowak, J. A., Yang, J., Song, M., Mima, K., Kosumi, K., Liu, L., Shi, Y., da Silva, A., Gu, M., Li, W., Keum, N., Zhang, X., Wu, K., Meyerhardt, J. A., Giovannucci, E. L., Giannakis, M., Rodig, S. J., Freeman, G. J., Nevo, D., Wang, M., Chan, A. T., Fuchs, C. S., Nishihara, R. and Ogino, S. Aspirin Use and Colorectal Cancer Survival According to Tumor CD274 (Programmed Cell Death 1 Ligand 1) Expression Status. J Clin Oncol. 2017. 35. 16. 1836-1844
  • Masugi, Y., Nishihara, R., Yang, J., Mima, K., da Silva, A., Shi, Y., Inamura, K., Cao, Y., Song, M., Nowak, J. A., Liao, X., Nosho, K., Chan, A. T., Giannakis, M., Bass, A. J., Hodi, F. S., Freeman, G. J., Rodig, S., Fuchs, C. S., Qian, Z. R. and Ogino, S. Tumour CD274 (PD-L1) expression and T cells in colorectal cancer. Gut. 2016
もっと見る
MISC (25件):
  • 眞杉 洋平,内田 克典. 【膵案取扱いに関する新たな知見と基準】 膵癌治療効果に関する病理組織学的判定基準. 病理と臨床. 2016. 34. 832-837
  • 坂元 亨宇,相島 慎一,中島 収,眞杉 洋平. 肝細胞癌の病理学的多様性. The Liver Cancer Journal. 2015. 7. 13-22
  • 眞杉 洋平,坂元 亨宇. 【肝がん】 Molecular classification. 診断と治療のABC. 2015. 103. 30-31
  • 眞杉 洋平,坂元 亨宇. 【肝癌のトピックス】 早期肝癌診断と肝癌バイオマーカー. 病理と臨床. 2015. 32. 1331-1337
  • 眞杉 洋平,坂元 亨宇. 肝. 免疫組織化学 診断と治療選択の指針. 2014. 32. 125-131
もっと見る
書籍 (4件):
  • 腫瘍病理鑑別診断アトラス肝癌
    文光堂 2010
  • 腫瘍病理鑑別診断アトラス大腸癌
    2011
  • 膵癌取扱い規約(第7版)
    2016
  • Classification of Pancreatic Carcinoma (Fourth English Edition)
    2017
学歴 (2件):
  • 1998 - 2004 慶應義塾大学医学部
  • 2006 - 2010 慶應義塾大学大学院 医学研究科 病理系病理学
学位 (1件):
  • 博士・医学 (慶應義塾大学大学院)
経歴 (8件):
  • 2004/04/01 - 2006/03/31 慶應義塾大学病院 初期臨床研修医
  • 2006/04/01 - 2010/03/31 慶應義塾大学大学院
  • 2010/04/01 - 2016/03/31 慶應義塾大学医学部 助教
  • 2010/04/01 - 2016/03/31 慶應義塾大学病院
  • 2015/04/01 - 2017/01/31 ダナ・ファーバー癌研究所ならびにハーバード大学医学大学院 Research fellow
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2014/09/19 - 現在 日本膵臓学会 膵癌取扱い規約検討委員
  • 2014 - 現在 日本病理学会 日本病理学会学術評議員
受賞 (2件):
  • 2018 - 日本病理学会 平成29年度日本病理学会学術奨励賞
  • 2014/11/21 - 日本病理学会秋期特別総会 優秀演題賞
所属学会 (7件):
日本病理学会 ,  日本癌学会 ,  日本膵臓学会 ,  United States and Canadian Academy of Pathology ,  American Association for Cancer Research ,  International Association of Pancreatology ,  肝癌研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る