研究者
J-GLOBAL ID:201801000805000358   更新日: 2020年10月24日

田中 景子

タナカ ケイコ | Keiko Tanaka
研究分野 (1件): 腎臓内科学
研究キーワード (1件): 腎臓
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2022 傷害糸球体のポドサイトに作用する血小板分子CLEC-2の効果
  • 2018 - 2020 尿細管由来蛋白を指標とした慢性腎臓病の予後予測と線維化進展機序の解明
論文 (10件):
  • Ayu Ogawa-Akiyama, Hitoshi Sugiyama, Masashi Kitagawa, Keiko Tanaka, Yuzuki Kano, Koki Mise, Nozomu Otaka, Katsuyuki Tanabe, Hiroshi Morinaga, Masaru Kinomura, et al. Podocyte autophagy is associated with foot process effacement and proteinuria in patients with minimal change nephrotic syndrome. PloS one. 2020. 15. 1. e0228337
  • Onishi A, Sugiyama H, Kitagawa M, Yamanari T, Tanaka K, Ogawa-Akiyama A, Kano Y, Mise K, Tanabe K, Morinaga H, et al. Urine 5MedC, a Marker of DNA Methylation, in the Progression of Chronic Kidney Disease. Disease markers. 2019. 2019. 5432453
  • Tanaka K, Sugiyama H, Yamanari T, Mise K, Morinaga H, Kitagawa M, Onishi A, Ogawa-Akiyama A, Tanabe K, Eguchi J, et al. Renal expression of trefoil factor 3 mRNA in association with tubulointerstitial fibrosis in IgA nephropathy. Nephrology (Carlton, Vic.). 2018. 23. 9. 855-862
  • Ayu Ogawa-Akiyama, Hitoshi Sugiyama, Masashi Kitagawa, Keiko Tanaka, Akifumi Onishi, Toshio Yamanari, Hiroshi Morinaga, Haruhito Adam Uchida, Kazufumi Nakamura, Hiroshi Ito, et al. Serum cystatin C is an independent biomarker associated with the renal resistive index in patients with chronic kidney disease. PLoS ONE. 2018. 13. 3. e0193695
  • Toshio Yamanari, Hitoshi Sugiyama, Keiko Tanaka, Hiroshi Morinaga, Masashi Kitagawa, Akifumi Onishi, Ayu Ogawa-Akiyama, Yuzuki Kano, Koki Mise, Yasukazu Ohmoto, et al. Urine trefoil factors as prognostic biomarkers in chronic kidney disease. BioMed Research International. 2018. 2018. 3024698
もっと見る
MISC (7件):
  • 寺坂 友博, 内田 治仁, 梅林 亮子, 塚本 啓子, 田中 景子, 北川 正史, 杉山 斉, 和田 淳, 谷岡 洋亮. クローン病に合併したIgA腎症の1例. 日本腎臓学会誌. 2015. 57. 6. 1126-1126
  • 田中 景子, 内田 治仁, 平松 澄恵, 天田 雅文, 井上 章子, 奥山 由加, 梅林 亮子, 郷原 英夫, 大澤 晋, 平岡 佐規子, et al. 潰瘍性大腸炎に合併した腎血管性高血圧の1例. 脈管学. 2014. 54. 10. 167-172
  • 緒方 愛衣, 島田 典明, 田中 景子, 三小田 亜希子, 井出 陽子, 金 仁毅, 西川 真那, 澤田 真理子, 木野村 賢, 福島 正樹, et al. 透析液重炭酸濃度の低減により透析中のCO2ナルコーシスを防げた高齢の慢性高CO2血症の2例. 日本透析医学会雑誌. 2014. 47. 3. 209-215
  • 西川 真那, 島田 典明, 井出 陽子, 三小田 亜希子, 緒方 愛衣, 田中 景子, 澤田 真理子, 木野村 賢, 山形 専, 福島 正樹, et al. 頭蓋内出血急性期にSLED(sustained low efficiency dialysis)で管理をした維持血液透析の3例. 中国腎不全研究会誌. 2012. 21. 117-118
  • 田中 景子, 島田 典明, 井出 陽子, 三小田 亜希子, 緒方 愛衣, 澤田 真理子, 大森 一慶, 木野村 賢, 大鶴 優, 門田 一繁, et al. CKD stage3において冠動脈形成術(PCI)後に乏尿性の急性腎障害(AKI)を発症し血液透析を要した6例の検討. 中国腎不全研究会誌. 2012. 21. 169-170
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2013 - 2017 岡山大学大学院
  • 2002 - 2008 岡山大学 医学科
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 東海大学医学部 基礎医学系 生体構造機能学 奨励研究員
  • 2018/10 - 2019/03 東海大学医学部 基礎医学系 生体構造機能学 客員講師
  • 2018/04 - 2018/09 東海大学医学部 基礎医学系 生体構造機能学 客員研究員
  • 2016/04 - 2018/03 岡山大学病院 血液浄化療法部 医員
  • 2013/04 - 2014/03 岡山大学病院 腎臓・糖尿病・内分泌科 医員
全件表示
所属学会 (4件):
米国腎臓学会 ,  日本透析医学会 ,  日本内科学会 ,  日本腎臓学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る