研究者
J-GLOBAL ID:201801000939013480   更新日: 2021年05月14日

藤本 光司

フジモト コウジ | Fujimoto Koji
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 教育学
研究キーワード (10件): 教材論 ,  IR(Institutional Research) ,  アクティブラーニング ,  インストラクショナルデザイン ,  FFS理論 ,  コミュニケーション ,  技術科教育 ,  教育工学 ,  教育方法学 ,  教育学
論文 (18件):
  • 山片崇嗣, 藤本光司. グローバル人材の育成を視野に入れた高大接続教育の研究(2) - 国際教育における「アクティブラーニング」モデルの考察-. 芦屋大学論叢. 2020. 72. 71-77
  • 山片崇嗣, 藤本光司. グローバル人材の育成を視野に入れた高大接続教育の研究 - 芦屋学園中学校・高等学校における海外派遣プログラムの検証 -. 芦屋大学論叢. 2019. 71. 77-87
  • 高橋麻司, 若杉祥太, 藤本光司. 教育実習中における教育実習支援モデルに関する実証研究ーSNSを利用した支援活動を通じてー. 芦屋大学論叢. 2018. 70. 99-110
  • 藤本光司. 芦屋大学における技術科教員養成の現状と課題. 『技術と教育』. 2018. 530. 5-6
  • 若杉祥太, 納庄聡, 鷹岡亮, 藤本光司, 林德治. マルチアクセス環境におけるLMSを活用した豊かな学びに関する実践と評価. 芦屋大学論叢. 2017. 66. 41-50
もっと見る
書籍 (16件):
  • 新編 技術科教材論
    竹谷書房 2021
  • 技術・家庭学習指導書[技術分野 入門編]
    開隆堂出版 2021
  • 技術・家庭学習指導書[技術分野 実践編]
    開隆堂出版 2021
  • 技術・家庭 : 技術分野
    開隆堂出版 2021 ISBN:9784304081002
  • アクティブラーニングに導く教学改善のすすめ
    ぎょうせい 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • 家庭科教育の住生活分野における地域とのつながりを意識した学習活動の研究 - 学校周辺の住環境調査を通して誰もが快適な暮らしを考える -
    (日本教育情報学会 第36回年会論文集(札幌学院大学) 2020)
  • 技術科における見方・考え方を育む生物育成の教材化について - PBL活動を通した丹波篠山産「山の芋」の教材化 -
    (日本教育情報学会 第36回年会論文集(札幌学院大学) 2020)
  • 中学校技術科の教職課程における課題と展望(2) - 教職必修科目の成績と教員採用試験の合否結果との関連性について -
    (日本教育情報学会 第36回年会論文集(札幌学院大学) 2020)
  • 我が国におけるデータサイエンス教育の現状と展望(1)
    (情報コミュニケーション学会 第18回全国大会発表論文集(青山学院大学) 2020)
  • 高等学校情報科におけるデータサイエンス教育の現状と展望(1)
    (情報コミュニケーション学会 第18回全国大会発表論文集(青山学院大学) 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2007 - 2013 山口大学大学院博士後期課程
  • 1988 - 1992 芦屋大学大学院博士前期課程
委員歴 (13件):
  • 2020/04 - 現在 芦屋大学 経営教育学部 学部長
  • 2018/04 - 現在 丹波篠山文化会議 一般会員
  • 2017/08 - 現在 情報コミュニケーション学会 評議員
  • 2017/08 - 現在 日本教育情報学会 理事
  • 2016/04 - 現在 川西市教育委員会「魅力ある学校づくり調査研究事業」 委員長
全件表示
受賞 (1件):
  • 2016/03 - 情報コミュニケーション学会 第13回全国大会 優秀発表賞 「工業高校におけるコミュニケーション演習と能動的学習(6) -「創造基礎」を通した5年間の軌跡と生徒変容-」
所属学会 (3件):
情報コミュニケーション学会 ,  大学教育学会 ,  日本教育情報学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る