研究者
J-GLOBAL ID:201801001016079477   更新日: 2024年02月01日

鈴木 光明

スズキ ミツアキ | Suzuki Mitsuaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 機能物性化学 ,  ナノ構造化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (3件): 有機結晶 ,  フラーレン ,  構造有機化学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2023 金属内包フラーレンの分子変換法の創出と機能開拓
  • 2019 - 2020 金属内包フラーレンの新規機能性開拓
  • 2017 - 2020 金属内包フラーレンの化学修飾による機能開拓
論文 (56件):
  • Hitoshi Kamauchi, Akifumi Takanashi, Mitsuaki Suzuki, Kouki Izumi, Koichi Takao, Yoshiaki Sugita. Synthesis of 2,8-Dioxabicyclo[3.3.1]nonane Derivatives and Their Neuroprotective Activities. Chemical and Pharmaceutical Bulletin. 2024. 72. 1. 56-60
  • Kennosuke Itoh, Nanase Ishii, Atsushi Takashino, Aya Hara, Satoshi Kon, Takaaki Mizuguchi, Fumika Karaki, Shigeto Hirayama, Yoshio Shibagaki, Kenichiro Nagai, et al. Visible-light-Induced synthesis of imidazolidines through formal [3 + 2] cycloaddition of aromatic imines with N,N,N',N'-tetramethyldiaminomethane. Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry. 2023. 434. 114239-114239
  • Michio Yamada, Yukiyo Kurihara, Masaaki Koizumi, Kasumi Tsuji, Yutaka Maeda, Mitsuaki Suzuki. Understanding the Nature and Strength of Noncovalent Face-to-Face Arene-Fullerene Interactions. Angew. Chem. Int. Ed. 2022
  • Hitomi Sakurai, Mitsuaki Suzuki, Shoko Itakura, Hiroaki Todo, Florencio Arce, Gerard Lee See, Takashi Tanikawa, Yutaka Inoue. Preparation, Characterization, Solubility, and Antioxidant Capacity of Ellagic Acid-Urea Complex. Materials. 2022. 15. 8. 2836
  • Yutaka Inoue, Masaaki Yoshida, Toshinari Ezawa, Takashi Tanikawa, Florencio Arce Jr, Gerard Lee See, Junki Tomita, Mitsuaki Suzuki, Toshio Oguchi. Inclusion Complexes of Daidzein with Cyclodextrin-Based Metal-Organic Framework-1 Enhance Its Solubility and Antioxidant Capacity. AAPS PharmSciTech. 2022. 23. 2
もっと見る
講演・口頭発表等 (71件):
  • イリジウム(III)錯体光増感剤存在下における 1,2,5-オキサジアジナン誘導体の合成
    (日本化学会第102春季年会 2022)
  • ピリジル基をもつベンゾジアゼピン誘導体の合成
    (日本化学会第102春季年会)
  • 可視光により誘起される芳香族イミンと N,N N',N' -テトラメチルジアミノメタンの形式的 [3+2] 付加環化反 応によるイミダゾリジン合成
    (第50回複素環化学討論会 2021)
  • Benzaldehyde Derivative Obtained from Hypoxylon truncatum NBRC 32353 Treated with Hygromycin B
    (the 11th JCK Joint Symposium on Pharmacognosy 2021)
  • 菌糸-バイオフィルム形成阻害をターゲットとした真菌由来天然物の誘導体合成
    (第63回天然有機化合物討論会 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2010 - 2013 筑波大学 数理物質科学研究科 化学専攻
  • 2008 - 2010 城西大学 理学研究科 物質科学専攻
  • 2004 - 2008 城西大学 理学部 化学科
経歴 (8件):
  • 2023/04 - 現在 城西大学 理学部 化学科 准教授
  • 2016/04 - 2023/03 城西大学 理学部 化学科 助教
  • 2017/04 - 2017/09 東京学芸大学 教育学部 非常勤講師
  • 2015/04 - 2017/03 東京学芸大学 教育学部 理科教室(化学) 特任講師
  • 2014/04 - 2016/03 城西大学 理学部 化学科 非常勤講師
全件表示
所属学会 (4件):
有機合成化学協会 ,  フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会 ,  基礎有機化学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る