研究者
J-GLOBAL ID:201801001088741875   更新日: 2021年10月25日

信川 久実子

ノブカワ クミコ | Nobukawa Kumiko K
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): https://www.phys.kindai.ac.jp/laboratory/nobukawa/https://www.phys.kindai.ac.jp/laboratory/nobukawa/index_en.html
研究分野 (2件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験 ,  天文学
研究キーワード (5件): 宇宙物理学 ,  低エネルギー宇宙線 ,  超新星残骸 ,  銀河系 ,  X線天文学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2024 超精密X線分光を用いた運動測定とプラズマ診断による銀河中心領域の活動史の解明
  • 2020 - 2024 遠方AGN探査による宇宙再電離光子源解明のための革新的X線撮像分光器の開発研究
  • 2020 - 2024 宇宙X線精密観測による低エネルギー宇宙線の銀河面分布とスペクトルの初測定
  • 2020 - 2022 X線観測を用いた新手法による低エネルギー宇宙線の探査と起源の解明
  • 2016 - 2020 鉄輝線精密分光による銀河宇宙線加速の初期機構解明
全件表示
論文 (56件):
もっと見る
MISC (27件):
講演・口頭発表等 (37件):
  • Measurements of low-energy cosmic rays
    (GCWS2019: New Horizons in Galactic Center Astronomy and Beyond 2019)
  • 30 Doradus複合領域における中性鉄輝線の調査
    (日本天文学会2019年秋季年会 2019)
  • MeV 宇宙線の研究とMeVガンマ線との関連
    (第二回MeVガンマ線天文学研究会 2019)
  • Low-energy cosmic rays in supernova remnants interacting with molecular clouds
    (Multifrequency Behaviour of High Energy Cosmic Sources - XIII 2019)
  • X線分光撮像衛星(XRISM)搭載Xtend用試作miniCCDにおけるCTIモデル
    (日本天文学会2019年春季年会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2011 - 2016 京都大学大学院 物理学・宇宙物理学専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 近畿大学 理工学部 理学科 講師
  • 2016/04 - 2020/03 奈良女子大学 理学部 日本学術振興会特別研究員 (PD)
  • 2013/04 - 2016/03 京都大学大学院 理学研究科 日本学術振興会特別研究員 (DC1)
受賞 (2件):
  • 2017/02 - 井上科学振興財団 2016年度第33回井上研究奨励賞
  • 2016/03 - 京都大学 平成27年度第8回京都大学優秀女性研究者奨励賞
所属学会 (4件):
高エネルギー宇宙物理連絡会 ,  日本天文学会 ,  国際天文学連合 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る