研究者
J-GLOBAL ID:201801001133552779   更新日: 2020年12月04日

高橋 一夫

タカハシ カズオ | TAKAHASHI Kazuo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教育学
研究キーワード (4件): 素話 ,  言語表現 ,  保育・幼児教育 ,  教育学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 2019 「素話」と造形表現活動を組み合わせた保育活動に関する実証的研究
  • 2012 - 2015 保育現場における「素話」の活用に関する実証的研究
論文 (24件):
  • 高橋一夫, 糠野亜紀, 平野真紀, 白波瀬達也. 子ども達の協働活動を誘発する言葉に関わる保育内容-土粘土の造形表現と組み合わせた「素話」を通して-. 常磐会学園乳幼児教育研究会 研究誌. 2018. 34. 41-54
  • 高橋一夫. 保幼小の円滑な接続に資する絵本の活用について-小学校国語科の教材としての絵本について保育者が理解する意義-. 常磐会短期大学紀要. 2018. 46. 81-89
  • 高橋一夫, 白波瀬達也. 言葉を重視した言語表現「素話」と粘土の造形表現を組み合わせた保育活動-5歳児クラスでの実践を通して-. 常磐会短期大学紀要. 2017. 45. 65-74
  • 高橋一夫, 新谷公朗, 堀千代, 田淵創. 保育所・幼稚園が新任保育者に求める資質に関する研究. 常磐会短期大学紀要. 2016. 44. 55-67
  • 高橋一夫. 「聴く」ことに注目した保育現場における言語表現活動-就学後の学習活動と特別活動を視野に入れて-. 常磐会学園乳幼児教育研究会 研究誌. 2015. 31. 13-18
もっと見る
MISC (2件):
  • 高橋一夫. 保育者養成校に求められる学修支援とは何か. 文部科学教育通信. 2016. 385. 26-27
  • 高橋一夫. 短期大学に求められる学修支援とは何か. 文部科学教育通信. 2016. 384. 30-31
書籍 (7件):
  • 保育内容総論
    福村出版 2018
  • 保育・教育実践演習
    ミネルヴァ書房 2017
  • 学修支援と高等教育の質保証II
    学文社 2016
  • 学修支援と高等教育の質保証I
    学文社 2015
  • ことばを育む・保育に活かす言語表現
    みらい 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (62件):
  • Difference between 4 years old children and 5 years old children in clay play: clay play after listening tale by storytelling
    (Pacific Early Childhood Education Research Association 18th Annual Conference 2018)
  • A study on the effect of storytelling and picture books on clay play of children : focusing on clay play of children aged 5
    (Pacific Early Childhood Education Research Association 18th Annual Conference 2018)
  • 保育者養成における児童文化財
    (日本保育学会 2018)
  • 「素話」から粘土の造形表現活動に繋ぐ保育活動-4歳児と5歳児における物語の捉え方の違い-
    (日本保育学会 2018)
  • 子どもの粘土造形と「素話」の関連について-4歳児と5歳児の協働活動に着目して-
    (日本保育学会第71回大会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2003 - 2007 同志社大学大学院
学位 (1件):
  • 博士(政策科学) (同志社大学)
経歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 神戸親和女子大学 発達教育学部児童教育学科 教授
  • 2010/04 - 2019/03 常磐会短期大学 幼児教育科 准教授
所属学会 (5件):
初年次教育学会 ,  日本教師教育学会 ,  日本教育工学会 ,  日本教育実践学会 ,  日本保育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る