研究者
J-GLOBAL ID:201801001298613063   更新日: 2023年10月22日

太田 浩平

オオタ コウヘイ | OTA KOHEI
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 救急医学
研究キーワード (1件): 救急医学,集中治療医学,人工呼吸,気道管理,集中治療後症候群,ICU aquired weakness
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2022 重症患者に発症するびまん性神経障害の動物モデル作成及び病態解明
論文 (46件):
  • Yusuke Okazaki, Mitsuaki Nishikimi, Junki Ishii, Kohei Ota, Shinichiro Ohshimo, Nobuaki Shime. Predictive Accuracy of the ROX Index for Re-Intubation in Mechanically Ventilated Patients With COVID-19. Respiratory care. 2023. 68. 8. 1067-1074
  • Predictive Accuracy of the Breathing Frequency-Ratio of Oxygen Saturation Index for Re-Intubation in Mechanically Ventilated Subjects With COVID-19. Respir Care. 2023
  • Kazuya Kikutani, Koji Hosokawa, Hiroshi Giga, Kohei Ota, Miho Matsumata, Meina Zhu, Hidenori Takemoto, Bin Ji, Shinichiro Ohshimo, Nobuaki Shime, et al. Genetic deletion of translocator protein exacerbates post-sepsis syndrome with activation of the C1q pathway in septic mouse model. Shock. 2022. Publish Ahead of Print
  • A burden of fluid, sodium, and chloride due to intravenous fluid therapy in patients with respiratory support: a post-hoc analysis of a multicenter cohort study. Ann Intensive Care. 2022. 12. 1
  • 甲状腺クリーゼによる心停止蘇生後の循環不全に対し,veno arterial ECMO を導入し救命しえた1 例. 日本集中治療医学会雑誌. 2022. 29. 1. 41-42
もっと見る
MISC (3件):
  • 渡辺 伸一, 森田 恭成, 荒川 立郎, 鈴木 秀一, 對東 俊介, 太田 浩平, 石井 賢造, 大野 美香, 神津 玲, 曷川 元, et al. ICUにおける人工呼吸患者への早期リハビリテーションが退院時歩行自立に及ぼす因子 多施設後向き研究. 国立病院総合医学会講演抄録集. 2019. 73回. O14-1
  • 西川 裕一, 皿田 和宏, 對東 俊介, 川本 健太郎, 越智 泰弘, 太田 浩平, 田邉 優子, 木村 浩彰, 植田 一幸, 伊藤 義広. 集中治療病棟における人工呼吸器装着患者に対する痛み・不穏・せん妄管理チームの取り組み. 国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌. 2015. 36回. 57-61
  • 岩崎泰昌, 大下慎一郎, 大谷直嗣, 宇根一暢, 太田浩平, 山賀聡之, 木田佳子, 津村龍, 廣橋伸之, 吉野敦雄, et al. 広島大学病院高度救命救急センターにおける自殺企図者の実態について. 日本救急医学会雑誌. 2014. 25. 8. 410-410
書籍 (17件):
  • レジデントノート増刊 もう迷わない!ICUでの考え方,動き方
    羊土社 2023
  • 救急・集中治療(35巻1号) 徹底ガイド 重症感染症のすべて-研修医からの質問302-
    総合医学社 2023
  • 広島市医師会だより
    2023
  • レジデント技術全書第2版 ER・急変時の検査と処置、これだけ、ここまで
    株式会社シービーアール 2022
  • 呼吸器ジャーナル呼吸器救急と呼吸管理
    医学書院 2021
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • 総復習!効果的な離床を実現する鎮痛・鎮静・せん妄管理
    (第13回日本離床学会学術大会 2023)
  • 命の砦を守る,そして回復に導く
    (第13回日本離床学会学術大会 2023)
  • 我々の集中治療の細部に神は宿っているか?
    (第50回集中治療医学会学術集会 2023)
  • 集中治療室で働く医療者のためのお薬手帳:その処方薬,中止しますか?
    (第44回呼吸療法医学会学術集会 2022)
  • 救急集中治療で働く薬剤師のための処方箋
    (日本病院薬剤師会第42回(令和3年度)実務研修会 2022)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2011 - 2015 広島大学 博士課程展開医科学専攻 大学院医歯薬学総合研究科
  • 2011 - 2015 広島大学 大学院医歯薬学総合研究科 博士課程展開医科学専攻
  • - 2005 広島大学 医学科 医学部
  • - 2005 広島大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (広島大学)
経歴 (15件):
  • 2019/04/01 - 2021/09/30 広島大学 大学院医系科学研究科 助教
  • 2016/04/01 - 2019/03/31 広島大学 大学院医歯薬保健学研究院 助教
  • 2010/04/01 - 2016/03/31 広島大学 病院 助教
  • 2010/04/01 - 2016/03/31 広島大学 病院高度救命救急センター 助教
  • 2009/10/01 - 2010/03/31 広島大学 病院 医科診療医
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2022/04 - 2024/03 広島県 広島県地域災害医療コーディネーター
  • 2022/06 - 2023/03 広島県 高度医療・人材育成拠点ビジョン推進会議分科会(救急)委員
  • 2022/04 - 2023/03 (医)あかね会土谷総合病院 非常勤医師
  • 2022/04 - 2023/03 広島圏域メディカルコントロール協議会 広島圏域メディカルコントロール協議会委員
  • 2022/04 - 2023/03 広島圏域メディカルコントロール協議会 メディカルコントロール検証医師
全件表示
所属学会 (7件):
日本化学療法学会 ,  日本外傷学会 ,  日本呼吸療法医学会 ,  日本熱傷学会 ,  米国集中治療医学会 ,  日本集中治療医学会 ,  日本救急医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る