研究者
J-GLOBAL ID:201801001454560943   更新日: 2024年07月16日

下田 信明

SHIMODA Nobuaki
所属機関・部署:
研究分野 (1件): リハビリテーション科学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2024 脳卒中リハビリにおける運動イメージ訓練開発のための経時的脳機能計測
  • 2019 - 2023 脳卒中患者の潜在的運動イメージを顕在化させる評価・訓練手法の開発
  • 2015 - 2019 運動障害・精神障害リハビリにおける運動イメージ訓練開発のための基礎的・臨床的検討
  • 発達期および障害回復期における神経回路の再編成機構
論文 (36件):
  • 鈴木優喜子, 久篠奈苗, 原田祐輔, 河田萌生, 清水恵, 大橋由基, 尾﨑章子, 金盛琢也, 亀井智子, 下田信明. 在宅脳卒中高齢者を対象とした訪問リハビリテーションの有効性: システマティックレビューとメタアナリシス. 日本在宅ケア学会誌. 2022. 26. 1
  • 河田萌生, 清水恵, 大橋由基, 鈴木優喜子, 原田祐輔, 久篠奈苗, 下田信明, 尾﨑章子. 身体機能低下を有する在宅高齢者におけるレジスタンストレーニングおよびタンパク質強化型栄養療法による複合的介入の効果:システマティックレビューとメタアナリシス. 日本在宅ケア学会誌. 2022. 25. 2. 117-133
  • 鈴木優喜子, 原田祐輔, 久篠奈苗, 河田萌生, 清水恵, 大橋由基, 尾﨑章子, 金盛琢也, 亀井智子, 下田信明. 在宅認知症高齢者を対象とした訪問リハビリテーションの有効性:システマティックレビューとメタアナリシス. 日本在宅ケア学会誌. 2022. 25. 2. 61-76
  • 清水恵, 河田萌生, 大橋由基, 原田祐輔, 鈴木優喜子, 久篠奈苗, 下田信明, 尾﨑章子. 在宅療養および施設入居要介護高齢者への栄養士の個別訪問を含む多職種による栄養サポートの効果 システマティックレビューとメタアナリシス. 日本在宅ケア学会誌. 2021. 24. 42-51
  • Izumi Nagashima, Kotaro Takeda, Yusuke Harada, Hideki Mochizuki, Nobuaki Shimoda. Age-related differences in strategy in the hand mental rotation task. Front. Hum. Neurosci. 2021. 10
もっと見る
MISC (15件):
  • 下田信明. 私が地域・在宅リハビリテーションに惹かれる理由. 日本在宅ケア学会誌. 2023. 26. 2. 5-9
  • 「安寧な世の中」と科学的思考と日本在宅ケア学会. 日本在宅ケア学会誌. 2022. 25. 3-4
  • 下田信明. 実験的研究の進め方. 日本在宅ケア学会誌. 2019. 23. 42-46
  • リハビリテーションと共に生きる社会と日本在宅ケア学会. 日本在宅ケア学会誌. 2015. 19. 3-4
  • エンド・オブ・ライフケア;市民と専門家の協働・連携 総論. 日本在宅ケア学会誌. 2014. 18. 18-18
もっと見る
書籍 (51件):
  • 高次脳機能障害とは,疾患と高次脳機能障害,高次脳機能障害リハビリテーションの基本的考え方.高次脳機能障害リハビリテーションの流れが見える
    羊土社 2023
  • 高次脳機能障害リハビリテーションの流れが見える
    羊土社 2023
  • 起居・移動.日常生活活動・社会生活行為学第2版
    医学書院 2022
  • 一問一答
    医学書院 2022
  • PT・OT国家試験問題集でるもん・でたもん 過去問Online2023
    医学書院 2022
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • Difference in the appearance frequency of qualitative error types in the clock-drawing test between fall patients and non-fall patients among patients with Alzheimer's disease
    (13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine 2019)
  • Sex differences of behavioral ability in mental rotation tasks of hand pictures
    (16th World Congress of Occupational Therapists 2014)
  • Motor imagery in mental rotation of hands in left- and right-handers: a behavioral and near-infrared spectroscopy study
    (Society for Neuroscience 39th Annual Meeting 2009)
  • Longitudinal NIRS study on motor-functional recovery after hemiparetic stroke
    (Society for Neuroscience 38th Annual Meeting 2008)
  • Evaluation of Cerebral Activity in Weight Bearing of the Lower Limb with Near-infrared Spectroscopy (NIRS)
    (10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy 2008)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る