研究者
J-GLOBAL ID:201801001495989148   更新日: 2024年02月06日

武内 大輝

タケウチ ヒロキ | Takeuchi Hiroki
研究分野 (2件): 産婦人科学 ,  細胞生物学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 マウス胚性幹細胞から誘導したミュラー管細胞の機能性評価と子宮再生機序の解明
  • 2020 - 2023 品質の揃ったスフェロイドを低コスト高効率生産する培養足場の実用化研究
  • 2018 - 2020 iPS細胞からミュラー管細胞への分化機序の解明:新規不妊治療法の創出を目指して
  • 2017 - 2018 臨床の要望に足る新規ヒト精子凍結保存液の開発
  • 2017 - 2018 新規培養器材を用いて誘導したインスリン産生細胞の機能性獲得機構の解析
全件表示
論文 (18件):
  • Mito Sakamoto, Hiroaki Tanaka, Sayako Enomoto, Hiroki Takeuchi, Mikiko Nishioka, Kayo Tanaka, Erina Takayama, Tadashi Maezawa, Eiji Kondo, Tomoaki Ikeda. The efficacy of vaginal treatment for non-Lactobacillus dominant endometrial microbiota-A case-control study. The journal of obstetrics and gynaecology research. 2024
  • Ryota Tachibana, Hiroki Takeuchi, Kento Yoshikawa-Terada, Tadashi Maezawa, Mikiko Nishioka, Erina Takayama, Hiroaki Tanaka, Kayo Tanaka, Suong-hyu Hyon, Yuki Gen, et al. Carboxylated Poly-L-lysine Potentially Reduces Human Sperm DNA Fragmentation after Freeze-Thawing, and Its Function Is Enhanced by Low-Dose Resveratrol. Cells. 2023
  • Mikiko Nishioka, Tadashi Maezawa, Hiroki Takeuchi, Katsuyuki Hagiwara, Sachiyo Tarui, Mito Sakamoto, Erina Takayama, Hideaki Yajima, Eiji Kondo, Hiroaki Kawato, et al. Pregnancy Rates after Hysteroscopic Endometrial Polypectomy versus Endometrial Curettage Polypectomy: A Retrospective Study. Medicina. 2023
  • Tadashi Maezawa, Nao Suzuki, Hiroki Takeuchi, Mikiko Nishioka, Moe Hidaka, Atsushi Manabe, Yuhki Koga, Hiroshi Kawaguchi, Yoji Sasahara, Masahito Tachibana, et al. Challenges to Widespread Use of Fertility Preservation Facilities for Pediatric Cancer Patients in Japan. Journal of adolescent and young adult oncology. 2023
  • Hidetaka Togo, Kento Terada, Akira Ujitsugu, Yudai Hirose, Hiroki Takeuchi, Masanobu Kusunoki. Fabrication Scaffold with High Dimensional Control for Spheroids with Undifferentiated iPS Cell Properties. Cells. 2023. 12. 2
もっと見る
MISC (9件):
  • 前沢 忠志, 武内 大輝, 村瀬 結香, 萩原 克幸, 矢嶋 秀彬, 西岡 美喜子, 高山 恵理奈, 高倉 翔, 真川 祥一, 二井 理文, et al. 次世代シークエンサー法による流産絨毛染色体検査に関する検討. 日本受精着床学会雑誌. 2023. 40. 2. 261-267
  • 二井 理文, 前沢 忠志, 武内 大輝, 加藤 麻耶, 榎本 紗也子, 森下 みどり, 阪本 美登, 北野 裕子, 西岡 美喜子, 二井 章太, et al. 反復不成功患者における子宮内細菌叢解析と治療. 三重県産婦人科医報. 2023. 41. 137-145
  • 池田智明, 前沢忠志, 阪本美登, 武内大輝, 二井理文, 西岡美喜子, 高山恵理奈, 近藤英司. Sheehan症候群による下垂体機能低下症に対して成長ホルモン投与を併用した生殖補助医療により妊娠・出産に至った1症例. 日本受精着床学会雑誌. 2021. 38. 1. 106-110
  • 前沢 忠志, 武内 大輝, 阪本 美登, 寺田 堅斗[吉川], 赤阪 未来, 池田 智明. 当院のがん患者に対する卵巣組織凍結保存. 日本がん・生殖医療学会誌. 2020. 3. 1. 48-51
  • 西岡美喜子, 前沢忠志, 武内大輝, 北野裕子, 池田智明. 生殖補助医療において血栓塞栓症を起こした3症例. 三重県産婦人科医報. 2019. 37. 141-147
もっと見る
特許 (1件):
  • 一胚由来産子並びに胚性幹細胞の生産系
講演・口頭発表等 (53件):
  • 精子調整法の違いによる精子DNA fragmentation率の比較
    (日本IVF学会誌 2021)
  • 新規ガラス化凍結デバイスDiamourの有用性の検討
    (Journal of Mammalian Ova Research 2021)
  • 乳癌治療前に妊孕性温存を行い生児獲得に至った1症例
    (日本がん・生殖医療学会誌 2021)
  • 思春期男児へのがん妊孕性温存療法に関する採精環境の検討
    (日本がん・生殖医療学会誌 2021)
  • がん・生殖チームで連携し、病棟採精した試みについて
    (日本がん・生殖医療学会誌 2021)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (京都大学)
所属学会 (4件):
日本受精着床学会 ,  日本卵子学会 ,  日本生殖医学会 ,  日本再生医療学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る