研究者
J-GLOBAL ID:201801001766138017   更新日: 2024年04月11日

戸松 彩花

TOMATSU Saeka
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 神経科学一般
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2022 - 2025 個体間リズム引き込み現象を指標とした社会形成の神経基盤解明
  • 2019 - 2022 個体間リズム同期を指標とした社会性形成の神経基盤解明
  • 2008 - 2009 両手協調動作に係る大脳-小脳の機能差と連関
  • 2006 - 2007 運動生成に関連する小脳ボールド信号の時空間パターン解析
論文 (15件):
もっと見る
MISC (7件):
  • Takahiro Ishikawa, Saeka Tomatsu, Yoshiaki Tsunoda, Jongho Lee, Shinji Kakei. Simple spike activities of Purkinje cells in voluntary wrist movement. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2011. 71. E247-E247
  • 李鍾昊, 戸松彩花, 閔庚甫, 石川享宏, 鏡原康裕, 筧慎治. 小脳障害における予測制御器とフィードバック制御器の異常. パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集. 2011. 5th. 93
  • 内藤 栄一, 上原 信太郎, 南部 功夫, 戸松 彩花, 鈴木 祐輔, 李 鍾昊, 筧 慎治. 運動前短時間感覚線維刺激でヒトの運動技能学習遅滞を克服する(Improving plateaued performance of acquired motor skill with brief pre-movement sensory manipulation in humans). 神経化学. 2010. 49. 2-3. 648-648
  • Eiichi Naito, Shintaro Uehara, Isao Nambu, Saeka Tomatsu, Yusuke Suzuki, Jongho Lee, Shinji Kakehi. Improving plateaued performance of acquired motor skill with brief pre-movement sensory manipulation in humans. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2010. 68. E279-E279
  • Saeka Tomatsu, Shinji Kakei. Golgi cell activities for execution of wrist movements. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2008. 61. S172-S172
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る