研究者
J-GLOBAL ID:201801001832448693   更新日: 2021年07月14日

吉田 直子

ヨシダ ナオコ | Yoshida Naoko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 薬理学 ,  医療薬学 ,  薬系衛生、生物化学
研究キーワード (6件): 医薬品分析 ,  医薬品品質評価 ,  漢方薬 ,  偽造医薬品鑑別 ,  医薬品安全性評価 ,  偽造医薬品
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2020 - 2022 蛍光指紋分析による偽造医薬品鑑別の開発
  • 2019 - 2022 最新科学技術を駆使した効率的低品質薬・偽造薬の駆逐に関する研究
  • 2018 - 2021 美容や脳機能の増強等を目的として個人輸入される医薬品等の実態把握のための研究
  • 2019 - 2020 偽造医薬品鑑別装置の開発
  • 2019 - 2020 バングラデシュにおける規格外及び偽造医薬品の流通状況の評価研究
全件表示
論文 (65件):
  • Mohammad Sofiqur Rahman, Naoko Yoshida, Hirohito Tsuboi, Yuichiro Ishii, Yoshio Akimoto, Kazuko Kimura. Small-scale dissolution test screening tool to select potentially substandard and falsified (SF) medicines requiring full pharmacopoeial analysis. Scientific Reports. 2021. 11. 1
  • Mohammad Sofiqur Rahman, Naoko Yoshida, Hirohito Tsuboi, Erina Maeda, Andrea Vanessa Velasco Ibarra, Theingi Zin, Yoshio Akimoto, Tsuyoshi Tanimoto, Kazuko Kimura. Patient safety and public health concerns: poor dissolution rate of pioglitazone tablets obtained from China, Myanmar and internet sites. BMC Pharmacology and Toxicology. 2021. 22. 1
  • Shu Zhu, Naoko Yoshida, Hirohito Tsuboi, Ryo Matsushita, Kazuko Kimura. Quality and Authenticity of Metformin Tablets Circulating on Japanese Websites. Therapeutic Innovation & Regulatory Science. 2021. 55. 4. 656-666
  • Tomoko Sanada, Naoko Yoshida, Kazuko Kimura, Hirohito Tsuboi. Detection Method of Falsified Medicines by Using a Low-Cost Raman Scattering Spectrometer Combined with Soft Independent Modeling of Class Analogy and Partial Least Squares Discriminant Analysis. Biological and Pharmaceutical Bulletin. 2021. 44. 5. 691-700
  • Mirai Sakuda, Naoko Yoshida, Tatsuo Koide, Tep Keila, Kazuko Kimura, Hirohito Tsuboi. Clarification of the internal structure and factors of poor dissolution of substandard roxithromycin tablets by near-infrared chemical imaging. International Journal of Pharmaceutics. 2021. 596. 120232-120232
もっと見る
MISC (43件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • 薬学と社会 薬事関連法・制度, 更新情報リーフレット
    南江堂 2021
  • 説明力UP! 臨床で役立つ薬の知識改訂版
    )説明力UP! 臨床で役立つ薬の知識改訂版, 学習研究社 2009
  • 説明力UP! 臨床で役立つ薬の知識
    学習研究社 2006
講演・口頭発表等 (87件):
  • まつげ美容液に含まれるビマトプロスト等の医薬品成分の分析
    (日本薬学会第141年会 2021)
  • 脳機能調整薬の使用実態等に関するSNS調査
    (日本薬学会第141年会 2021)
  • COVID-19関連医薬品のインターネット上における流通状況
    (日本薬学会第141年会 2021)
  • インターネットを介して個人輸入した抗肥満薬に含まれる未知成分の同定
    (第6回 次世代を担う若手のためのレギュラトリーサイエンスフォーラム 2020)
  • Discriminant analysis of tablets using an ultra-compact Raman spectrometer.
    (FIP Virtual 2020)
もっと見る
経歴 (3件):
  • 2020/09 - 現在 金沢大学 医薬保健研究域附属AIホスピタル・マクロシグナルダイナミクス研究開発センター 助教
  • 2009/11 - 2020/08 金沢大学 医薬保健研究域 薬学系 助教
  • 2006/11 - 2009/10 浜松医科大学医学部附属病院 薬剤部 薬剤師
委員歴 (1件):
  • 2020/06 - 現在 医薬品セキュリティ研究会 理事
所属学会 (7件):
日本社会薬学会 ,  International Society for Pharmacoepidemiology ,  International Pharmaceutical Federation ,  日本医療薬学会 ,  日本薬学会 ,  日本薬物動態学会 ,  日本臨床薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る