研究者
J-GLOBAL ID:201801001951164520   更新日: 2021年06月13日

仁平 千香子

Chikako Nihei
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 文学一般 ,  日本語学 ,  日本文学
研究キーワード (8件): 国際移動 ,  ジェンダー ,  グローバリゼーション ,  翻訳 ,  家族 ,  村上春樹 ,  移民文学 ,  日本文学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2022 ポスト・グローバル化時代から読み返す日本語移民文学研究
論文 (5件):
  • 仁平 千香子. 村上春樹のスパゲティーの時間:資本主義社会において料理に時間をかけること. 時間学研究. 2018. 9. 0. 9-22
  • Chikako Nihei. The Productivity of a Space In-between: Murakami Haruki as a Translator. Japanese Studies. 2016. 36. 3. 383-397
  • 仁平 千香子. Storytelling and Productive Distance: Representations of Otherness in Murakami Haruki. The University of Sydney. 2013
  • 仁平 千香子. Resistance and Negotiation: The “Herbivorous Men” and Murakami Haruki’s Gender and Political Ambiguity. Asian Studies Review. 2013. 37. 1. 62-79
  • 仁平 千香子. Thinking Outside the Chinese Box: David Mitchell and Murakami Haruki’s Subversion of Stereotypes about Japan. New Voices. 2009. 3. 86-103
MISC (11件):
  • 仁平千香子. 移動の文学(第四回)伝統の価値--満州から独りで帰ってきた少年の話. 表現者クライテリオン. 2021. 19
  • 仁平千香子. 移動の文学(第三回)帰らなかった日本人妻たち--慶州ナザレ園にて. 表現者クライテリオン2021年5月号. 2021. 18. 200-205
  • 仁平千香子. 移動の文学(第二回)記憶なき場所に故郷を探す--小林勝の「フォード・一九二七年」を読む. 表現者クライテリオン2021年1月号. 2020. 16. 140-145
  • 仁平 千香子. <自(編)著紹介>Chikako Nihei, Haruki Murakami: Storytelling and Productive Distance (Routledge出版 2019年6月). MURAKAMI REVIEW. 2020. 2. 54-54
  • 仁平千香子. 移動の文学(第一回)計算尺(クライテリオン)を探して--ジョン・オカダ『ノーノー・ボーイ』を読む. 表現者クライテリオン2020年11月号. 2020. 15. 116-121
もっと見る
書籍 (4件):
  • Murakami Haruki and Our Years of Pilgrimage
    Routledge 2021
  • Haruki Murakami : storytelling and productive distance
    2019 ISBN:9780367256418
  • Music: Selected Poems
    Isobar Press 2018
  • Haruki Murakami : challenging authors
    2016 ISBN:9789463004602
講演・口頭発表等 (7件):
  • The Kitchen in Haruki Murakami: Food Preparation and Consumption as a Form of Resistance to the System
    (Asian Studies Association of Australia Biennial Conference 2018)
  • The Kitchen in Haruki Murakami: Food Preparation and Consumption as a Form of Resistance to the System
    (Eyes on Murakami 2018)
  • Celebrating ‘soft’ culture: Popular food textures in Japan
    (Crossroads 2016)
  • Crossing Languages and Crossing Spaces: Seeking the interconnectedness of translation activity and travelling novels
    (The 2nd East Asian Translation Studies Conference 2016)
  • Devouring Murakami Haruki: How he expands the use of food as a literary device
    (The International Convention of Asia Scholars 2015)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2009 - 2013 The University of Sydney Department of Japanese Studies
  • 2008 - 2009 University of Wollongong English
  • 2003 - 2007 東京女子大学 英米文学科
学位 (3件):
  • PhD (University of Sydney)
  • MA (University of Wollongong)
  • 学士 (東京女子大学)
経歴 (2件):
  • 2015/04 - 現在 山口大学 国際総合科学部 助教
  • 2014/04 - 2015/03 山口大学 留学生センター 任期付講師
受賞 (2件):
  • 2020/01 - 表現者クライテリオン 表現者奨励賞 村上春樹を通して考える 「物語の力」とクライテリオンのない日本
  • 2017 - 山口大学 ベストアクティブラーニング賞
所属学会 (3件):
アジア系アメリカ文学研究会 ,  日本移民学会 ,  日本時間学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る