研究者
J-GLOBAL ID:201801002382612419   更新日: 2021年06月09日

小曽根 早知子

オゾネ サチコ | Ozone Sachiko
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 内科学一般
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2021 - 2025 高齢者の介護予防に向けたパンデミック下の社会参加活動の再構築プロセスの探求
  • 2018 - 2022 格差社会のニーズに応える医学教育:「健康の社会的決定要因」教育プログラム開発
  • 2017 - 2018 諸外国のフィジシャン・アシスタント(PA)に関する研究
論文 (36件):
  • Junji, Haruta, Sachiko, Horiguchi, Junichiro, Miyachi, Junko, Teruyama, Shuhei, Kimura, Junko, Iida, Sachiko, Ozone, Ryohei, Goto, Makoto, Kaneko, Yusuke, Hama. Primary care physicians’ narratives on COVID-19 responses in Japan: Professional roles evoked under a pandemic. Journal of General and Family Medicine. 2021
  • 小森 聡子, 小曽根, 早知子, 後藤 亮平, 春田 淳志. 診療所・小病院と地域中核病院の職員における「多職種連携」・「仕事の負担度」・「職場の満足度」・「近隣施設との関係性」に関する認識の比較. 日本プライマリ・ケア連合学会誌. 2021. 44. 1. 11-16
  • Ozone, Sachiko, Haruta, Junji, Takayashiki, Ayumi, Maeno, Takami, Maeno, Tetsuhiro. Students' understanding of social determinants of health in a community-based curriculum: a general inductive approach for qualitative data analysis. BMC medical education. 2020. 20. 1. 470
  • Kaneko, Makoto, Aoki, Takuya, Goto, Ryohei, Ozone, Sachiko, Haruta, Junji. Better Patient Experience is Associated with Better Vaccine Uptake in Older Adults: Multicentered Cross-sectional Study. Journal of general internal medicine. 2020
  • Hosoi, Takahiro, Ozone, Sachiko, Hamano, Jun. Variations in vital signs at the end of life in non-cancer patients: a retrospective study. Annals of palliative medicine. 2020. 9. 5. 2678-2683
もっと見る
書籍 (30件):
  • 週刊日本医事新報
    2019
  • 広報とね 2月号
    利根町役場 2019
  • 日常診療の中で学ぶプロフェッショナリズム
    カイ書林 2018 ISBN:9784904865361
  • 漢方医学
    2016
  • 漢方医学
    2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (88件):
  • Streptococcus suisによって聴覚障害を伴う細菌性髄膜炎を呈した焼き鳥屋店長の1例
    (第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2021)
  • 医療者教育のための「健康の社会的決定要因(SDH)教育ポータル」構築
    (第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2021)
  • 敗血症性肺塞栓症を合併したFusobacterium necrophorumによるSeptic pelvic thrombophlebitisの1例
    (第666回日本内科学会関東地方会 2021)
  • プライマリ・ケアと文化人類学の協働を探るーCOVID-19を例にー
    (第16回若手医師のための家庭医療学冬期セミナー 2021)
  • Visualization of auscultatory percussion with a smartphone to diagnose proximal femoral fractures
    (2020 NAPCRG Annual Meeting 2020)
もっと見る
Works (2件):
  • 救急で困る一過性全健忘(JHospitalist Network clinical question)
    宮崎賢治, 小曽根,早知子, 五十野博基 2016 - 2016
  • 今日の臨床サポート「眼振」
    小曽根, 早知子 2012 -
学歴 (2件):
  • 2013 - 2017 筑波大学大学院 疾患制御医学専攻
  • 2013 - 2017 筑波大学大学院 疾患制御医学専攻
受賞 (2件):
  • 2018/09 - 筑波大学 TIDE Women's Award in University of Tsukuba
  • 2015/06 - 日本プライマリ・ケア連合学会2014年度優秀論文賞 地域診療所において短期間勤務する医師が診療に関わることを、患者はどう思っているか?
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る