研究者
J-GLOBAL ID:201801002439200090   更新日: 2024年07月05日

伊藤 嘉朗

イトウ ヨシロウ | Ito Yoshiro
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 脳神経外科学
研究キーワード (5件): 血管新生 ,  脳血管内治療 ,  脳血管外科 ,  脳血管疾患 ,  脳神経外科
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2023 - 2026 血管新生阻害剤徐放性人工硬膜による脳動静脈シャント疾患に対する新規治療の確立
  • 2020 - 2023 新規FGF-2徐放性人工硬膜による脳挫傷保護治療の確立
  • 2016 - 2020 TEMPO-RNPによる動脈硬化における酸化ストレス発生の予防
  • 2015 - 2018 血管新生因子アンチセンスホモロジーボックス由来ペプチドによる脳梗塞の血管新生療法
  • 2016 - 2018 血管新生因子に基づいた硬膜動静脈瘻新規治療の確立
全件表示
論文 (110件):
  • Yoshiro Ito, Hisayuki Hosoo, Aiki Marushima, Yuji Matsumaru, Eiichi Ishikawa. Temporal Muscle Swelling after Clipping Surgery with Frontotemporal Craniotomy Is Associated with Immediate Postcraniotomy Headache. Neurologia medico-chirurgica. 2024
  • Toshitsugu Terakado, Yoshiro Ito, Koji Hirata, Masayuki Sato, Tomoji Takigawa, Aiki Marushima, Mikito Hayakawa, Wataro Tsuruta, Noriyuki Kato, Yasunobu Nakai, et al. Efficacy and Safety of Lumbar Drainage before Endovascular Treatment for Ruptured Intracranial Aneurysms. Journal of neuroendovascular therapy. 2024. 18. 2. 29-36
  • Akinari Yamano, Mikito Hayakawa, Yoshiro Ito, Atsushi Hidano, Hisayuki Hosoo, Aiki Marushima, Eiichi Ishikawa, Yuji Matsumaru. Anomalous Cervical External Carotid Artery-Internal Carotid Artery Anastomosis Diagnosed Using Digital Subtraction Angiography: A Case Report. Cureus. 2023. 15. 10. e47878
  • Yoshiro Ito, Hisayuki Hosoo, Masayuki Sato, Aiki Marushima, Mikito Hayakawa, Yuji Matsumaru, Eiichi Ishikawa. Evaluation of Venous Structures that Are Involved in Transsylvian Approach Using 3D Rotational Venography. Neurologia medico-chirurgica. 2023
  • Shintoku, Ryosuke, Marushima, Aiki, Okune, Sho, Hiramine, Takato, Nakao, Junzo, Takahashi, Toshihide, Hino, Tenyu, Hosoo, Hisayuki, Ito, Yoshiro, Hayakawa, Mikito, et al. Endovascular Embolization with n-Butyl Cyanoacrylate for Ruptured Distal Posterior Inferior Cerebellar Artery Dissecting Aneurysm. Asian journal of neurosurgery. 2023. 18. 3. 651-655
もっと見る
MISC (189件):
  • 山野晃生, 池田剛, 平田浩二, 原拓真, 津田恭治, 益子良太, 上村和也, 伊藤嘉朗. 外傷性内頸動脈損傷に対してhigh flow bypassとinternal trappingを併用して治療した1例. 茨城県臨床医学雑誌. 2022. 57
  • 平嶺敬人, 早川幹人, 早川幹人, 塚田篤志, 塚田篤志, 山野晃生, 山野晃生, 奥根祥, 高橋利英, 高橋利英, et al. 悪性腫瘍関連脳梗塞における急性脳主幹動脈閉塞に関連する因子の検討. 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集. 2022. 63rd
  • 細尾久幸, 伊藤嘉朗, 早川幹人, 丸島愛樹, 松田真秀, 石川栄一, 松丸祐司. 頭蓋底髄膜腫に対するMHT/ILTへのNBCA術前塞栓術の安全性とTechnical tips. 日本神経放射線学会プログラム・抄録集. 2022. 51st
  • 奥根祥, 奥根祥, 早川幹人, 早川幹人, 日野天佑, 伊藤嘉朗, 伊藤嘉朗, 渡部浩明, 石川栄一, 石井一弘, et al. 発作性めまいを主徴とし,感染性心内膜炎治癒後弁輪周囲仮性瘤が塞栓源と考えられた脳梗塞の80歳女性例. 臨床神経学(Web). 2022. 62. 4
  • 神徳亮介, 神徳亮介, 細尾久幸, 細尾久幸, 平嶺敬人, 奥根祥, 中尾隼三, 中尾隼三, 高橋利英, 日野天佑, et al. 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻に対するシャントポイントの選択的TVEの治療成績. 脳血管内治療(Web). 2021. 6. Supplement
もっと見る
書籍 (10件):
  • 最新の治療2024-2025
    南江堂 2023
  • BRAIN NURSING 2020年6月号
    メディカ出版 2020
  • BRAIN NURSING 2020年6月号
    メディカ出版 2020
  • Common Diseaseの病態生理と薬物治療
    オーム社 2019
  • 脳神経外科速報増刊 Hybrid Neurosurgeonのための疾患別臨床脳血管解剖テキスト
    メディカ出版 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (289件):
  • 脳卒中の患者データを病院間で統合する実施可能性観察研究
    (第42回NPO法人筑波脳神経外科研究会学術集会)
  • 多彩な精神症状を呈した脳アミロイドアンギオパチーの一例
    (第28回日本神経精神医学会学術集会)
  • 塞栓術の進歩による脳動静脈奇形治療の変遷
    (第39回日本脳神経血管内治療学会学術集会)
  • ELVO screenの診断精度に影響する因子の検討
    (第39回日本脳神経血管内治療学会学術集会)
  • ELVO screen陰性のELVO症例の臨床的特徴
    (第39回日本脳神経血管内治療学会学術集会)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2009 - 2013 筑波大学 人間総合科学研究科
  • 2009 - 2013 筑波大学大学院人間総合科学研究科疾患制御医学専攻
  • 1996 - 2002 筑波大学 医学専門学群
  • 1996 - 2002 筑波大学医学専門学群
経歴 (29件):
  • 2019/07 - 現在 筑波大学 医学医療系 講師
  • 2019/07 - 現在 筑波大学 医学医療系 脳神経外科 講師
  • 2017/10 - 2019/06 筑波大学附属病院 脳神経外科 病院講師
  • 2017/10 - 2019/06 筑波大学附属病院脳神経外科 病院講師
  • 2016/04 - 2017/09 国立循環器病研究センター 脳神経外科 医員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2017 - 国立循環器病研究センター平成29年度ティーチング・アウォード
  • 2014/02 - 第9回能勢賞受賞 筑波大学脳神経外科優秀論文賞
  • 2013/12 - 優秀JNET(Journal of Neuroendovascular Therapy)論文賞(金賞)
  • 2007/03 - 筑波大学附属病院長賞 レジデント優秀論文病院長賞
  • 2007/02 - 第2回牧賞(筑波大学脳神経外科レジデント論文賞)
全件表示
所属学会 (6件):
日本脳神経血管内治療学会 ,  日本脳神経外科コングレス ,  日本脳卒中学会 ,  日本脳神経血管内治療学会 [旧称;日本脳神経血管内手術研究会] ,  日本脳卒中の外科学会 ,  日本脳神経外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る