研究者
J-GLOBAL ID:201801002442672963   更新日: 2022年01月20日

櫻井 美穂子

Sakurai Mihoko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 経営学 ,  図書館情報学、人文社会情報学
研究キーワード (4件): レジリエンス ,  スマートシティ ,  災害対応 ,  情報システムデザイン
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2021 - 2023 災害時コミュニケーションにおける自治体情報収集・共有メタモデルの構築
  • 2019 - 2021 レジリエントな災害対応を促進するコミュニケーションモデル構築
  • 2014 - 2016 基礎自治体におけるResilientな情報システム構築
論文 (25件):
もっと見る
MISC (12件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • 世界のSDGs都市戦略: デジタル活用による価値創造
    学芸出版社 2021
  • Communication Structure, Protocol and Data Model Toward Resilient Cities in Japan
    Springer, Singapore 2021
  • Emerging Technologies for Disaster Resilience
    Springer, Singapore 2021 ISBN:9789811603600
  • 情報社会のソーシャルデザイン
    NTT出版 2014 ISBN:9784757103528
  • 慶應SFCの起業家たち
    慶應義塾大学出版会 2013 ISBN:4766420373
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 変化の時代を生き抜くデザインプリンシプル
    (情報システム学会春講演会(情報システム学会) 2022)
  • SDGsまちづくりに向けたデジタル活用:海外の取組みから
    (第45回都市計画セミナー(都市計画学会) 2022)
  • Digital information delivery enabled by local communities
    (UNDP development dialogues ~Changemakers in Action: Cutting-edge technologies for disability-inclusive early warning and preparedness 2021)
  • スマートシティによる レジリエントな住まいと暮らしの実現
    (都市住宅学会公開フォーラム(都市住宅学会) 2021)
  • Toward a Citizen-Oriented Resilient Smart City - 市民中心のレジリエントなスマートシティに向けて -
    (世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター~グローバル・テクノロジー・ガバナンス・サミット開催記念セッション 2021)
もっと見る
Works (9件):
  • ケース教材「ANAグループが実践するデジタルトランスフォーメーション~「人財とデジタルの融合」を目指して~」
    櫻井美穂子 2020 -
  • ケース教材「会津若松スマートシティ~市民参加によるデータ駆動型スマートシティを目指す」
    櫻井美穂子 2020 -
  • ケース教材「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン2 街づくりは“つくる”から“育てる(Co-creation)”へ」
    櫻井美穂子 2019 -
  • Teaching case "Fujisawa Sustainable Smart Town"
    櫻井美穂子 2015 -
  • ケース教材「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン パナソニックの挑戦~モノづくりから街づくりへ~」
    櫻井美穂子 2015 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2015 慶應義塾大学
  • - 2011 慶應義塾大学
  • - 2005 慶應義塾大学
学位 (1件):
  • 博士(政策・メディア) (慶應義塾大学)
経歴 (6件):
  • 2018/09 - 現在 国際大学 グローバルコミュニケーションセンター 准教授
  • 2017/09 - 2018/05 University of Agder (Norway) Department of Information Systems 准教授
  • 2015/09 - 2017/08 University of Agder (Norway) Department of Information Systems Postdoctoral research fellow
  • 2014/04 - 2015/03 慶應義塾大学大学院・日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2013/04 - 2014/03 慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科 助教
全件表示
委員歴 (15件):
  • 2021/04 - 現在 国土交通省 スマートシティ海外展開に関する有識者会議
  • 2020/08 - 現在 SBテクノロジー(株) SIPサイバー/分野間データ連携基盤プロジェクト「オープンデータカーナビ配信実証に関する検討会」主査
  • 2020 - 現在 ISCRAM (Information Systems for Crisis Response and Management) Programme Committee
  • 2020 - 現在 Mobile World Congress (MWC) Global Mobile Awards「Best Mobile Innovation Supporting Emergency or Humanitarian Situations」審査委員
  • 2019/10 - 現在 一般社団法人スマートシティ・インスティテュー ト エグゼクティブ ・ アドバイザー
全件表示
受賞 (4件):
  • 2016/01 - Hawaii International Conference on System Sciences 最優秀論文賞 How do organizational processes recover following a disaster? - A capital resiliency model for disaster preparedness -
  • 2013/04 - ITU Kaleidoscope academic conference Young author recognition
  • 2013/04 - ITU Kaleidoscope academic conference 最優秀論文賞 Sustaining Life During the Early Stages of Disaster Relief with a Frugal Information System: Learning from the Great East Japan Earthquake
  • 2013 - 東京財団 Sylffフェロー
所属学会 (3件):
Association for Information Systems ,  経営情報学会 ,  情報処理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る