研究者
J-GLOBAL ID:201801002597297360   更新日: 2022年05月15日

山本 裕子

ヤマモト ユウコ | Yamamoto Yuko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 病態系口腔科学
研究キーワード (5件): IgA ,  唾液 ,  食物繊維 ,  短鎖脂肪酸 ,  腸管免疫
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2022 - 2025 糖尿病が唾液腺に与える影響の解明:IgAに着目した糖尿病患者の感染症予防対策
  • 2021 - 2024 歯周病を介した糖尿病性網膜症の発症機序解明-歯科からの新しい予防法の確立-
  • 2020 - 2022 大腸の短鎖脂肪酸が唾液腺に与える効果の解明ー高齢者の肺炎予防を目指してー
  • 2019 - 2022 歯周病と口腔内細菌叢に着目した非アルコール性脂肪性肝炎-肝がん発症予防法の確立
  • 2020 - 2021 米粉摂取が大腸短鎖脂肪酸濃度と唾液中IgAレベルに与える影響の解析
全件表示
論文 (24件):
  • Rie Horiuchi, Yuko Maki, Miki Tokunaga, Yuko Yamamoto, Keiichi Tsukinoki, Ram B. Singh, Douglas W. Wilson, Harpal S. Buttar, Toru Takahashi. Education for Improving Children’s Behaviors during Eating in a Japanese Nursery School. Journal of Food and Nutrition Research. 2021. 9. 6. 274-280
  • Masahiro To, Masahiro Sugimoto, Juri Saruta, Yuko Yamamoto, Wakako Sakaguchi, Akira Kawata, Masato Matsuo, Keiichi Tsukinoki. Cognitive Dysfunction in a Mouse Model of Cerebral Ischemia Influences Salivary Metabolomics. Journal of clinical medicine. 2021. 10. 8
  • Yuko Yamamoto, Toshiya Morozumi, Toru Takahashi, Juri Saruta, Wakako Sakaguchi, Masahiro To, Nobuhisa Kubota, Tomoko Shimizu, Yohei Kamata, Akira Kawata, et al. Effect of High Fat and Fructo-Oligosaccharide Consumption on Immunoglobulin A in Saliva and Salivary Glands in Rats. Nutrients. 2021. 13. 4
  • Yuko Yamamoto, Toshiya Morozumi, Takahisa Hirata, Toru Takahashi, Shinya Fuchida, Masami Toyoda, Shigeru Nakajima, Masato Minabe. Effect of Periodontal Disease on Diabetic Retinopathy in Type 2 Diabetic Patients: A Cross-sectional Pilot Study. Journal of clinical medicine. 2020. 9. 10
  • Takeo Kikuchi, Wakako Sakaguchi, Juri Saruta, Yuko Yamamoto, Masahiro To, Yuki Kurimoto, Tomoko Shimizu, Keiichi Tsukinoki. Hypertriglyceridemia-induced brain-derived neurotrophic factor in rat submandibular glands. Journal of oral biosciences. 2020
もっと見る
MISC (12件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • 唾液による健康効果の最前線~技術と市場~
    株式会社シーエムシー出版 2021
  • 歯科衛生士講座 小児歯科学
    永末書店 2018
  • 多職種連携で活用!ポケット版 歯科衛生士のための医療用語・福祉用語
    医歯薬出版株式会社 2017
  • 歯科発アクティブライフプロモーション21 健康増進からフレイル予防まで
    デンタルダイヤモンド社 2017
  • 非侵襲的検体検査の最前線-唾液検査・呼気検査を中心に-
    シーエムシー出版 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • 歯科衛生士として糖尿病にかかわること
    (令和3年度糖尿病医科歯科連携研修会 2021)
  • 歯科衛生士の可能性
    (第36回 日本歯科産業学会総会 学術講演会 2021)
  • 保健指導を見据えた歯科医科連携による食事栄養指導 「歯科衛生士が行う新しい食栄養指導の可能性」
    (第63回 秋季日本歯周病学会学術大会 歯科衛生士シンポジウム 2020)
  • 「臓器間ネットワークの基礎的研究と健康寿命の延伸」 腸管免疫の賦活化が唾液中 IgA に与える影響 腸-唾液腺相関
    (第61回歯科基礎医学会学術大会 歯科基礎医学会学術シンポジウム 2019)
  • 歯科衛生士として糖尿病にかかわること
    (2019年度 糖尿病医科歯科連携研修会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2011 - 2015 神奈川歯科大学大学院 歯学研究科 博士課程
  • 1997 - 1999 日本大学歯学部附属歯科衛生専門学校
  • 1991 - 1995 法政大学 経済学科
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (神奈川歯科大学)
経歴 (2件):
  • 2021/04 - 現在 神奈川歯科大学短期大学部 歯科衛生学科 准教授
  • 2015/04 - 2021/03 神奈川歯科大学短期大学部 歯科衛生学科 講師
委員歴 (2件):
  • 2018/04 - 現在 日本食物繊維学会 評議員
  • 2015/04 - 2018/03 日本歯科衛生学会 査読委員
受賞 (5件):
  • 2020/12 - 神奈川歯科大学学会 優秀論文賞 Effect of ingesting yogurt fermented with Lactobacillus delbrueckii ssp. bulgaricus OLL1073R-1 on influenza virus-bound salivary IgA in elderly residents of nursing homes: a randomized controlled trial
  • 2017/11 - 神奈川歯科大学学会 優秀論文賞 The Salivary IgA Flow Rate Is Increased by High Concentrations of Short-Chain Fatty Acids in the Cecum of Rats Ingesting Fructooligosaccharides
  • 2017/11 - 神奈川歯科大学学会 平成31年度 宿題報告 短鎖脂肪酸を介した唾液中 IgA増加のメカニズムの解明:〜短鎖脂肪酸レセプターをターゲットとした解析〜
  • 2014/11 - 神奈川歯科大学学会 Young Investigator Award 1073R-1乳酸菌で発酵したヨーグルト摂取が施設入所高齢者の唾液中IgAに与える影響
  • 2013/11 - 神奈川歯科大学学会 Young Investigator Award 難消化性糖類摂取がラット唾液中IgA濃度に与える影響
所属学会 (6件):
日本歯科衛生学会 ,  日本歯周病学会 ,  歯科基礎医学会 ,  日本食物繊維学会 ,  日本食品免疫学会 ,  日本栄養・食糧学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る