研究者
J-GLOBAL ID:201801002606225238   更新日: 2021年10月26日

永野 秀和

ナガノ ヒデカズ | Nagano Hidekazu
所属機関・部署:
職名: 特任助教
ホームページURL (1件): https://www.m.chiba-u.ac.jp/class/moldiag/
研究分野 (1件): 代謝、内分泌学
研究キーワード (3件): 細胞内代謝 ,  ミトコンドリア ,  脂肪細胞
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2021 脂肪機能制御とがん抑制能におけるミトコンドリア共役因子DPYSL4の役割
  • 2019 - 2020 ミトコンドリアと細胞内代謝から捉える肥満とがんの分子基盤の解明
  • 2011 - 2013 ヒト脂肪細胞を用いた細胞内代謝制御における転写因子p53の役割と標的分子の探索
論文 (54件):
  • Yoshitaka Kubota, Hidekazu Nagano, Kentaro Kosaka, Hideyuki Ogata, Akitoshi Nakayama, Masataka Yokoyama, Kazutaka Murata, Shinsuke Akita, Motone Kuriyama, Nobutaka Furuyama, et al. Epigenetic modifications underlie the differential adipogenic potential of preadipocytes derived from human subcutaneous fat tissue. American journal of physiology. Cell physiology. 2021. 321. 3. C596-C606
  • Hiroko Ogata, Yuto Yamazaki, Yuta Tezuka, Xin Gao, Kei Omata, Yoshikiyo Ono, Yoshihide Kawasaki, Tomoaki Tanaka, Hidekazu Nagano, Norio Wada, et al. Renal Injuries in Primary Aldosteronism: Quantitative Histopathological Analysis of 19 Patients With Primary Adosteronism. Hypertension. 2021
  • Akitoshi Nakayama, Masataka Yokoyama, Hidekazu Nagano, Naoko Hashimoto, Kazuyuki Yamagata, Kazutaka Murata, Tomoaki Tanaka. Mechanism of Mutant p53 Using Three-Dimensional Culture on Breast Cancer Malignant Phenotype via SREBP-Dependent Cholesterol Synthesis Pathway. Journal of the Endocrine Society. 2021. 5. Supplement_1. A1026-A1026
  • Hiroaki Ochiiwa, Guzhanuer Ailiken, Masataka Yokoyama, Kazuyuki Yamagata, Hidekazu Nagano, Chihoko Yoshimura, Hiromi Muraoka, Keiji Ishida, Tomonori Haruma, Akitoshi Nakayama, et al. TAS4464, a NEDD8-activating enzyme inhibitor, activates both intrinsic and extrinsic apoptotic pathways via c-Myc-mediated regulation in acute myeloid leukemia. Oncogene. 2021. 40. 7. 1217-1230
  • Atsushi Saiga, Hajime Yokota, Hidekazu Nagano, Koichi Sawada, Yoshihiro Kubota, Takeshi Wada, Takuro Horikoshi, Tomoaki Tanaka, Takashi Uno. 131I-6β-iodomethyl-19-norcholesterol adrenal scintigraphy as an alternative to adrenal venous sampling in differentiating aldosterone-producing adenoma from bilateral idiopathic hyperaldosteronism. Nuclear medicine communications. 2020. 41. 12. 1226-1233
もっと見る
MISC (472件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • 先端巨大症のパシレオチド投与による耐糖能異常に対する治療についての検討
    (糖尿病 2019)
  • ゲノムワイド解析から明らかとなったCTNNB1 deletion変異を有するコルチゾール産生腺腫の病態解析
    (日本内分泌学会雑誌 2019)
学歴 (3件):
  • 2009 - 2013 千葉大学 博士過程
  • 1999 - 2005 千葉大学 医学科
  • 1995 - 1998 千葉県立千葉高等学校 普通科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (千葉大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 千葉大学大学院医学研究院 分子病態解析学 特任助教
  • 2016/04 - 2019/03 千葉大学大学院医学研究院 細胞治療内科学 特任助教
  • 2015/04 - 2016/03 東千葉メディカルセンター 代謝内分泌内科 医長
  • 2013/04 - 2015/03 千葉大学医学部附属病院 糖尿病代謝内分泌内科 医員
  • 2007/04 - 2009/03 成田赤十字病院 内科
全件表示
受賞 (8件):
  • 2019/04 - 日本内科学会 第116回日本内科学会総会・講演会優秀指導教官賞
  • 2018/04 - 日本内科学会 第115回日本内科学会総会・講演会優秀指導教官賞
  • 2014/11 - 日本内分泌学会 第18回日本内分泌病理学会学術総会 奨励賞 アルドステロン産生腺腫(APA)における変異解析(86例)とRNA-seq を用いたGPCRsの病勢に及ぼす役割の検討
  • 2014/09 - International Symposium on Polyelectrolytes ISP2014 国際カンファレンス Best Case Report Award A case of ipsilateral adrenal double tumors, coexistence of cortisol-producing adenoma and pheochromocytoma
  • 2014/04 - 日本内分泌学会 第15回日本内分泌学会 若手研究奨励賞(YIA) 癌と生活習慣病に関わるp53下流遺伝子DPYSL4のエネルギー調節作用
全件表示
所属学会 (9件):
日本肥満学会 ,  日本臨床検査医学会 ,  日本人類遺伝学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本癌学会 ,  日本糖尿病学会 ,  Endocrine Society ,  日本内分泌学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る