研究者
J-GLOBAL ID:201801002692453868   更新日: 2020年08月27日

古川 哲也

フルカワ テツヤ | Furukawa Tetsuya
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://cond-phys.imr.tohoku.ac.jp/member.html
研究分野 (1件): 磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (5件): 超伝導 ,  量子スピン液体 ,  モット転移 ,  電流誘起磁性 ,  強相関電子系
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 電流誘起磁性の機構解明および強相関効果による巨大化
  • 2019 - 2020 ジャイロトロピック物質における新規バルク電気磁気効果の開拓
  • 2017 - 2019 単体カルコゲンにおけるスピン分裂バンドとカイラル結晶構造が生む新奇電気磁気効果
論文 (8件):
  • Y. Naijo, K. Hada, T. Furukawa, T. Itou, T. Ueno, K. Kobayashi, I. I. Mazin, H. O. Jeschke, J. Akimitsu. Unusual electronic state of Sn in AgSnSe2. Physical Review B. 2020. 101. 7. 075134
  • Riku Yamamoto, Tetsuya Furukawa, Kazuya Miyagawa, Takahiko Sasaki, Kazushi Kanoda, Tetsuaki Itou. Electronic Griffiths Phase in Disordered Mott-Transition Systems. Physical Review Letters. 2020. 124. 4. 046404
  • Mizuki Urai, Tetsuya Furukawa, Yasuhide Seki, Kazuya Miyagawa, Takahiko Sasaki, Hiromi Taniguchi, Kazushi Kanod. Disorder unveils Mott quantum criticality behind a first-order transition in the quasi-two-dimensional organic conductor κ-(ET)2Cu[N(CN)2]Cl. Physical Review B. 2019. 99. 24. 245139
  • R. Yamamoto, Y. Yanagita, T. Namaizawa, S. Komuro, T. Furukawa, T. Itou, R. Kato. Dimensionality of superconductivity in the layered organic material EtMe3P[Pd(dmit)2]2 under pressure. Physical Review B. 2018. 97. 22. 224502
  • Tetsuya Furukawa, Kazuhiko Kobashi, Yosuke Kurosaki, Kazuya Miyagawa, Kazushi Kanoda. Quasi-continuous transition from a Fermi liquid to a spin liquid in κ-(ET)2Cu2(CN)3. Nature Communications. 2018. 9. 307
もっと見る
MISC (4件):
  • 古川哲也, 伊藤哲明. 単体半導体テルルにおけるバルク電流誘起磁性. 固体物理. 2018. 53. 265-275
  • Tetsuya Furukawa, Kazushi Kanoda. Quantum criticality of mott transition in organic materials revealed by tuning pressure with helium medium. Review of High Pressure Science and Technology/Koatsuryoku No Kagaku To Gijutsu. 2016. 26. 1. 14-20
  • 古川哲也, 鹿野田一司. ヘリウムを媒体とした低温圧力制御による分子性結晶におけるモット転移の量子臨界現象の研究. 高圧力の科学と技術. 2016. 26. 1. 14-19
  • 古川哲也, 宮川和也, 鹿野田一司. 有機導体におけるモット転移の量子臨界現象. 固体物理. 2014. 49. 253-264
書籍 (1件):
  • Strong Correlation Phenomena around 2D Conductor-Insulator Transitions
    Pan Stanford Publishing 2017
講演・口頭発表等 (2件):
  • Bulk Edelstein effect in chiral semiconductor elemental tellurium
    (SMS2019 & GIMRT User Meeting 2019 2019)
  • Symmetry considerations of current-induced bulk magnetization in gyrotropic material
    (International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2019 2019)
学歴 (3件):
  • 2010 - 2013 東京大学 物理工学専攻 博士課程
  • 2007 - 2010 東京大学 物理工学専攻 修士課程
  • 2003 - 2007 東北大学 応用物理学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2019/09 - 現在 東北大学 金属材料研究所 低温電子物性学研究部門 助教
  • 2015/04 - 2019/08 東京理科大学 理学部第一部 助教
  • 2013/10 - 2015/03 東京大学 工学系研究科 学術支援職員
  • 2010/04 - 2010/09 東京大学 工学系研究科 技術支援職員
委員歴 (1件):
  • 2017/04 - 2018/03 日本物理学会 領域7 運営委員
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る