研究者
J-GLOBAL ID:201801002705994499   更新日: 2020年06月05日

池見 洋明

イケミ ヒロアキ | Ikemi Hiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.nbu.ac.jp/
研究分野 (1件): 固体地球科学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2017 - 2022 非構造性帯水層への炭酸ガス地中貯留実現のための研究
  • 2018 - 2021 未離水面認定の再検討と高精度化に関する評価・展開
  • 2017 - 2020 宇宙線生成核種を用いた渓流域における土砂災害ハザードの時・空間的な評価・予測
  • 2013 - 2016 非構造性帯水層への炭酸ガス地中貯留のメカニズム解明のための研究
  • 2013 - 2016 高精度DEMの地形プロセス解析による河川上流域からの土砂供給の定量的評価・予測
全件表示
論文 (16件):
もっと見る
MISC (94件):
  • 黒木 貴一, 後藤 健介, 池見 洋明. GNSS受信機による座標計測とSfMの写真解析試験. 福岡教育大学紀要. 第2分冊, 社会科編 = Bulletin of University of Teacher Education Fukuoka. 福岡教育大学 編. 2020. 69. 1-11
  • 黒木貴一, 後藤健介, 池見洋明. GNSS受信機の計測に基づく雲仙の地形変化分析. 季刊地理学. 2019. 71. 134-135
  • 池見 洋明. 応用地質アラカルト 役立つ災害地質の知識 : 災害に学ぶ(9)リモートセンシングでみる災害. 応用地質 = Journal of the Japan Society of Engineering Geology. 2019. 60. 4. 184-186
  • 池見洋明, 矢野健二, 牧野隆吾, 北川博也. Sentinel-1A衛星画像からみた九州(福岡)の豪雨災害箇所. 平成30年7月豪雨災害(西日本豪雨災害)調査団報告書-広域・激甚化する災害に学び、次の災害に備える. 2019. 35-39
  • 岡島 裕樹, 三谷 泰浩, 池見 洋明, 谷口 寿俊, 林田 拓都. 第29回応用測量論文奨励賞 受賞論文の紹介 地域レベルでの地理空間情報の流通・利活用のためのG空間情報基盤の構築と実証. 測量 = The journal of survey : 地理空間情報の科学と技術. 2019. 69. 2. 12-15
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • 杷木断層に近接する乙石川支流のシリカフラックスと河川堆積物の分布
    (日本応用地質学会研究発表会講演論文集 2019)
  • Process-base topographical and geochemical approaches to rainfall-induced landslides adjacent to tectonic faults
    (IAEG 2018 2018)
  • ベリリウム同位体を用いた山地流域の土砂動態に関する検討
    (日本応用地質学会研究発表会講演論文集 2015)
  • ストリームパワー則に基づく流域地形の分類手法の検討
    (日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2015)
  • 山地河川水のSiO<sub>2</sub>濃度と起源について
    (日本応用地質学会九州支部・九州応用地質学会研究発表会論文集 2015)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1997 - 2000 九州大学 地球惑星科学専攻
  • 1991 - 1993 九州大学 地質学専攻
  • 1987 - 1991 九州大学 地質学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (九州大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 日本文理大学 工学部 准教授
  • 2004/04 - 2019/03 九州大学 大学院工学研究院 助教
  • 2002/10 - 2003/12 ペンシルバニア州立大学 アストロバイオロジー研究センター ポスドク
  • 2000/04 - 2002/09 九州大学 大学院工学研究院附属環境システム科学センター 研究員
  • 1993/04 - 1996/12 日本セメント株式会社 中央研究所 研究員
所属学会 (5件):
地盤工学会 ,  土木学会 ,  日本応用地質学会 ,  国際応用地質学会 ,  九州応用地質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る