研究者
J-GLOBAL ID:201801002774535005   更新日: 2020年06月07日

松尾充 啓

Matsuo Mitsuhiro
所属機関・部署:
研究キーワード (8件): 植物生化学 ,  色素体機能 ,  植物分子生理学 ,  ウイルス ,  エピトランスクリプトーム ,  ゲノム進化 ,  光合成 ,  細胞内共生進化
論文 (5件):
  • Vahabi K, Reichelt M, Scholz SS, Furch ACU, Matsuo M, Johnson JM, Sherameti I, Gershenzon J, Oelmüller R. Alternaria Brassicae Induces Systemic Jasmonate Responses in Arabidopsis Which Travel to Neighboring Plants via a Piriformsopora Indica Hyphal Network and Activate Abscisic Acid Responses. Frontiers in plant science. 2018. 9. 626
  • Matsuo M, Katahata A, Satoh S, Matsuzaki M, Nomura M, Ishida KI, Inagaki Y, Obokata J. Characterization of spliced leader trans-splicing in a photosynthetic rhizarian amoeba, Paulinella micropora, and its possible role in functional gene transfer. PloS one. 2018. 13. 7. e0200961
  • Ayaka Hieno, Mitsuhiro Matsuo, Ralf Oelmüller, Yoshiharu Y. Yamamoto. Prediction of direct targets of Arabidopsis RRTF1, a H2O2 responsive AP2/ERF transcription factor which mediates multiple stress responses. Endocytobiosis and Cell Research. 2017. 28. 1. 9-13
  • 松尾充啓. 光合成とミトコンドリア呼吸による光化学系I遺伝子の発現制御に関する研究. 名古屋大学. 2004. 甲第6220号
  • 松尾充啓, 小保方潤一. Redox regulation of PSI nuclear genes through photosynthetic electron flow. PS2001: Proceedings of the 12th International Congress on Photosynthesis. 2001. S4-024
講演・口頭発表等 (5件):
  • シアノバクテリアとシアノバクテリアに由来する有殻アメーバ色素体のRNA修飾プロファイルの解析
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • 有殻アメーバのゲノム解析から見えてきた一次細胞内共生進化におけるDNA ウイルスの役割
    (日本共生生物学会 第2回大会 2018)
  • 有殻アメーバのゲノム解読による一次細胞内共生進化の初期プロセスの解析
    (日本植物学会第81回大会 2017)
  • 真核光合成生物はどのように生まれたか? -光合成有殻アメーバのゲノム解析から見えてきた一次細胞内共生進化の初期プロセス
    (第19回オルガネラワークショップ 2017)
  • Evolutionary roles of SL-trans-splicing in the primary endosymbiosis
    (The 13th International Colloquium on Endocytobiology and Symbiosis. 2016)
所属学会 (3件):
日本共生生物学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本植物生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る