研究者
J-GLOBAL ID:201801002790254490   更新日: 2021年03月02日

徳弘 圭造

トクヒロ ケイゾウ | KEIZOU TOKUHIRO
所属機関・部署:
職名: 学長特命准教授
ホームページURL (1件): https://genome-edit-kmu.jimdofree.com/
研究分野 (4件): ゲノム生物学 ,  分子生物学 ,  実験動物学 ,  発生生物学
研究キーワード (7件): 分子生物学 ,  発生生物学 ,  多精子受精阻害 ,  卵子 ,  精子形成 ,  透明帯 ,  受精
論文 (18件):
MISC (9件):
書籍 (2件):
  • The Zona Pellucida Facilitates Fertilization, Blocks Polyspermy and Protects Pre-Implantation Embryos.「Encyclopedia of Reproduction, Second Edition」
    Elsevier 2018
  • 小胞体シャペロンと精子の受精能力「遺伝: 生物の科学」
    エヌ・ティー・エス 2012
講演・口頭発表等 (18件):
  • 卵子透明帯を介した正常な初期胚を担保するための分子メカニズムの解明
    (第14回生命資源研究・支援センターシンポジウム 2017)
  • Loss of the maternal-effect gene Mater delays exocytosis in mouse eggs.
    (Gordon research conference 2017)
  • Loss of the maternal-effect gene Mater delays exocytosis in mouse eggs
    (Gordon research conference 2017)
  • ZP1 contributes to the prevention of polyspermy in mice
    (American Society for Reproductive Medicine 2016 Scientific Congress 2016)
  • ZP1 contributes to the prevention of polyspermy in mice
    (American Society for Reproductive Medicine 2016 Scientific Congress 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2005 大阪市立大学
  • 1999 - 2003 大阪市立大学 生物学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (大阪市立大学)
経歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 関西医科大学 附属生命医学研究所 学長特命准教授
  • 2017/01 - 2018/04 米国国立衛生研究所 Research Fellow
  • 2012/01 - 2017/01 米国国立衛生研究所 Visiting Fellow
  • 2008/04 - 2012/01 大阪大学 微生物病研究所 特任研究員
  • 2005/07 - 2008/03 大阪大学 微生物病研究所 特任研究員
受賞 (5件):
  • 2019/09 - 杉山記念財団 第1回SMF論文表彰 優秀論文賞
  • 2019/04 - 文部科学省 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
  • 2013/10 - かなえ医薬振興財団 かなえ医薬振興財団 海外留学助成金 哺乳類における多精子受精阻止機構の解明
  • 2012/03 - 上原記念生命科学財団 上原記念生命科学財団 海外留学助成リサーチフェローシップ 多精子受精防御機構の分子メカニズムの解明
  • 2007/07 - 日本アンドロロジー学会 第26回アンドロロジー学会会長 特別賞 マウス精子形成における meichroacidin (MCA) の機能解析
所属学会 (1件):
日本アンドロロジー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る