研究者
J-GLOBAL ID:201801002798395034   更新日: 2020年09月13日

佐藤 克也

Satoh Katsuya
所属機関・部署:
研究分野 (5件): 神経内科学 ,  神経形態学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  ウイルス学
研究キーワード (5件): 多発性硬化症 ,  パーキンソン病 ,  クロイツフェルト・ヤコブ病 ,  プリオン病 ,  プリオン
論文 (112件):
  • Yuichi Hayashi, Yasushi Iwasaki, Masahiro Waza, Shinei Kato, Akio Akagi, Akio Kimura, Takashi Inuzuka, Katsuya Satoh, Tetsuyuki Kitamoto, Mari Yoshida, et al. Clinicopathological findings of a long-term survivor of V180I genetic Creutzfeldt-Jakob disease. Prion. 2020. 14. 1. 109-117
  • Takehiro Nakagaki, Daisuke Ishibashi, Tsuyoshi Mori, Yukiko Miyazaki, Hanae Takatsuki, Hiroya Tange, Yuzuru Taguchi, Katsuya Satoh, Ryuichiro Atarashi, Noriyuki Nishida. Administration of FK506 from Late Stage of Disease Prolongs Survival of Human Prion-Inoculated Mice. Neurotherapeutics : the journal of the American Society for Experimental NeuroTherapeutics. 2020
  • Takehiro Matsubara, Katsuya Satoh, Takujiro Homma, Takehiro Nakagaki, Naohiro Yamaguchi, Ryuichiro Atarashi, Yuka Sudo, Yasuhito Uezono, Daisuke Ishibashi, Noriyuki Nishida. Prion protein interacts with the metabotropic glutamate receptor 1 and regulates the organization of Ca2+ signaling. Biochemical and biophysical research communications. 2020. 525. 2. 447-454
  • Ikuko Takahashi-Iwata, Ichiro Yabe, Akihiko Kudo, Katsuya Eguchi, Masahiro Wakita, Shinichi Shirai, Masaaki Matsushima, Takanobu Toyoshima, Susumu Chiba, Satoshi Tanikawa, et al. MM2 cortical form of sporadic Creutzfeldt-Jakob disease without progressive dementia and akinetic mutism: A case deviating from current diagnostic criteria. Journal of the neurological sciences. 2020. 412. 116759-116759
  • Yuhtaka Fukuda, Nobutaka Horie, Katsuya Satoh, Susumu Yamaguchi, Youichi Morofuji, Takeshi Hiu, Tsuyoshi Izumo, Kentaro Hayashi, Noriyuki Nishida, Izumi Nagata. Correction to: Intra-Arterial Transplantation of Low-Dose Stem Cells Provides Functional Recovery Without Adverse Effects After Stroke. Cellular and molecular neurobiology. 2020
もっと見る
MISC (242件):
  • 佐藤 克也. ヒトプリオン病患者におけるバイオマーカーの検討. 臨床神経学. 2019. 59. Suppl. S254-S254
  • 片岡 敏, 安田 雄, 北本 哲之, 佐藤 克也. 多彩な皮質徴候を呈したMM-2皮質型孤発性Creutzfeldt-Jakob病と考えられる1例. 臨床神経学. 2019. 59. 10. 672-672
  • 佐藤 克也. 認知症バイオマーカー探索の新潮流 Real-time quaking-induced conversion(RT-QuIC)法を利用した認知症診断. Dementia Japan. 2019. 33. 4. 500-500
  • 下田 航, 阿南 君佳, 佐藤 克也. ABC認知症スケールの妥当性について. Dementia Japan. 2019. 33. 4. 535-535
  • 大山 要, 草野 泰輝, 濱崎 まや, 山根 千穂, 相原 希美, 一瀬 邦弘, 中根 俊成, 佐藤 克也, 中嶋 幹郎, 川上 純. 免疫複合体解析による脳・末梢の免疫異常の重複性の調査と特異的抗原の特定 MS・NMO・NPSLEを例に. 神経免疫学. 2019. 24. 1. 127-127
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (11件):
  • 改訂第9版 内科学書 vol.2
    中山書店 2019 ISBN:9784521747491
  • 改訂第9版 内科学書 vol.6
    中山書店 2019 ISBN:9784521747491
  • ウイルス検査法 臨床と検査室のための手引き
    春恒社 2018 ISBN:9784915698132
  • Real-Time Quaking-Induced Conversion for Diagnosis of Prion Disease.
    Methods in molecular biology 2017
  • Pharma Medica
    メディカルレビュー社 2017 ISBN:9784779218590
もっと見る
講演・口頭発表等 (36件):
  • Realtime quakinginduced conversion (RTQuIC)法を利用した認知症診断
    (第38回日本認知症学会学術集会 2019)
  • シヌクレイノパチーのバイオマーカー
    (第37回日本神経治療学会学術集会 2019)
  • ヒトプリオン病患者におけるバイオマーカーの検討
    (第24回日本神経感染症学会総会・学術大会 2019)
  • 脳腫瘍が多発した肺炎球菌性髄膜炎の1剖検例
    (第24回日本神経感染症学会総会・学術大会 2019)
  • RT-QUIC法を応用したプリオン病患者のホルマリン固定能と病理ブロックからのプリオンシーリング活性の固定法の挑戦
    (第60回日本神経病理学会総会学術研究会 2019)
もっと見る
学歴 (8件):
  • 2015 - 現在 長崎大学医歯薬学研究科 現職(運動障害リハビリテーション学講座・教授)
  • 2014 - 2015 長崎大学医歯薬学研究科 感染分子 准教授
  • 2008 - 2014 長崎大学医歯薬学研究科 感染分子 講師
  • 2007 - 2008 長崎大学医学部 第一内科 神経グループ助教
  • 2006 - 2007 長崎大学医学部・歯学部付属病院 へきち病院再生支援・教育機構・助教
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2019 - 現在 日本感染症学会 会員増加委員会 委員
  • 2018/02 - 現在 福岡県 油症患者診定専門委員
  • 2017 - 現在 日本早期認知症学会 評議員
  • 2017 - 現在 日本神経学会 評議委員
  • 2016 - 現在 長崎県 長崎県油症対策委員会委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2016 - Prion 2016 最優秀ポスター賞
  • 2011 - EFNS (European Federation of Neurological Societies) Ingestivation Award
  • 2006 - 博慈会老人病研究所 最優秀論文賞
  • 2005 - アジア太平洋プリオン研究会 最優秀ポスター賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る