研究者
J-GLOBAL ID:201801002801802975   更新日: 2021年08月31日

若林 大志

Wakabayashi Hiroshi
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 放射線科学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2022 高リスク化学療法不応性神経芽腫に対する新治療戦略の開発
  • 2019 - 2020 難治性神経芽腫に対するI-131 MIBG内照射療法の開発
  • 2018 - 2019 難治性神経芽腫に対するI-131 MIBG内照射療法の開発
  • 2017 - 2019 新規PETトレーサF18-FDSを用いた腎PET画像診断法の確立
  • 2016 - 2019 進行消化器癌に対するα線核種内照射療法による治療戦略の確立
全件表示
論文 (122件):
  • Hiroshi Wakabayashi, Junichi Taki, Hiroshi Mori, Tomo Hiromasa, Norihito Akatani, Anri Inaki, Takashi Kozaka, Kazuhiro Shiba, Kazuma Ogawa, Seigo Kinuya. Visualization of Dynamic Expression of Myocardial Sigma-1 Receptor After Myocardial Ischemia and Reperfusion Using Radioiodine-Labeled 2-[4-(2-iodophenyl)piperidino]cyclopentanol (OI5V) Imaging. Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society. 2021
  • Zhong-Ling Qiu, Shintaro Saito, Daiki Kayano, Hiroshi Wakabayashi, Seigo Kinuya. Comparison of the detecting capability between 123I-mIBG and post-therapeutic 131I-mIBG scintigraphy for curie scoring in patients with neuroblastoma after chemotherapy. Annals of nuclear medicine. 2021. 35. 6. 649-661
  • Hiroshi Mori, Junichi Taki, Hiroshi Wakabayashi, Tomo Hiromasa, Anri Inaki, Kazuma Ogawa, Kazuhiro Shiba, Seigo Kinuya. Colchicine treatment early after infarction attenuates myocardial inflammatory response demonstrated by 14C-methionine imaging and subsequent ventricular remodeling by quantitative gated SPECT. Annals of nuclear medicine. 2021. 35. 2. 253-259
  • Anri Inaki, Hiroshi Wakabayashi, Daiki Kayano, Seigo Kinuya. [Radiation Protection Against Exposure from Patients Receiving 131I-MIBG and Released from Radiation Treatment Room]. Kaku igaku. The Japanese journal of nuclear medicine. 2021. 58. 1. 59-66
  • Hiroshi Wakabayashi, Daiki Kayano, Anri Inaki, Raita Araki, Rie Kuroda, Yasuhiro Ikawa, Toshihiro Fujiki, Norihito Akatani, Takafumi Yamase, Satoru Watanabe, et al. High-dose 131I-mIBG as consolidation therapy in pediatric patients with relapsed neuroblastoma and ganglioneuroblastoma: the Japanese experience. Annals of nuclear medicine. 2020. 34. 11. 840-846
もっと見る
MISC (249件):
  • 渡辺 悟, 中嶋 憲一, 若林 大志, 米山 寛人, 小西 貴広, 稲木 杏吏, 吉田 昌平, 小松 潤史, 絹谷 清剛. ATTR心アミロイドーシスにおける99mTcピロリン酸心筋集積の体積指標と心不全リスク指標の関係. 日本心臓核医学会ニュースレター. 2021. 23. 2. 64-64
  • 上野 貴弘, 三代 憲司, 福井 雅人, 若林 大志, 絹谷 清剛, 小川 数馬. [123I]m-iodobenzylguanidine(MIBG)のdeltic guanidiniumアナログdeltic MIBGの合成と生物学的性質の評価. 日本薬学会年会要旨集. 2021. 141年会. 28V07-am02S
  • 渡辺 悟, 中嶋 憲一, 若林 大志, 米山 寛人, 小西 貴広, 稲木 杏吏, 吉田 昌平, 小松 潤史, 絹谷 清剛. 心アミロイドーシスにおける99mTcピロリン酸集積体積指標の有用性. 日本心臓核医学会ニュースレター. 2020. 22. 2. 58-58
  • 渡辺 悟, 中嶋 憲一, 米山 寛人, 若林 大志, 稲木 杏吏, 絹谷 清剛. 心アミロイドーシスにおける99m Tc-ピロリン酸シンチグラフィの定量評価. 核医学技術. 2020. 40. 予稿集. 302-302
  • 渡辺 悟, 中嶋 憲一, 米山 寛人, 若林 大志, 稲木 杏吏, 絹谷 清剛. 心アミロイドーシスにおける99mTc-ピロリン酸シンチグラフィの定量評価. 核医学. 2020. 57. Suppl. S23-S23
もっと見る
所属学会 (6件):
北米核医学会 ,  欧州核医学会 ,  日本核医学会 ,  日本医学放射線学会 ,  日本心臓核医学会 ,  日本循環器学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る