研究者
J-GLOBAL ID:201801002820231890   更新日: 2019年10月16日

保坂健太郎

ホサカケンタロウ | Kentaro Hosaka
所属機関・部署:
職名: 研究主幹
ホームページURL (1件): http://www.kahaku.go.jp/research/researcher/researcher.php?d=khosaka
研究分野 (1件): 生物多様性・分類
研究キーワード (8件): 博物館 ,  標本 ,  分散 ,  分布 ,  生物多様性 ,  生物地理 ,  きのこ ,  菌類
論文 (101件):
  • HOSAKA Kentaro, NAM Kyung-Ok, LINN Wah Wah, AUNG Mu Mu. First Record of Macrolepiota velosa Vellinga & Zhu L. Yang (Agaricaceae) from Myanmar. Bulletin of the National Museum of Nature and Science. Series B. Botany. 2019. 45. 2. 71-76
  • Hosaka Kentaro, Nam Kyung-Ok, Linn Wah Wah, Aung Mu Mu. Macrolepiota velosa (ハラタケ科)のミャンマーにおける初報告(英文). Bulletin of the National Museum of Nature and Science. Series B, Botany. 2019. 45. 2. 71-76
  • Mujic Alija Bajro, Huang Bo, Chen Ming-Jun, Wang Pi-Han, Gernandt David S., Hosaka Kentaro, Spatafora Joseph W. Out of western North America: Evolution of the Rhizopogon-Pseudotsuga symbiosis inferred by genome-scale sequence typing. Fungal Ecology. 2019. 39. 12-25
  • 糟谷大河, 丸山隆史, 池田裕, 布施公幹, 保坂健太郎. 日本新産種Volvopluteus earlei(ハラタケ目,ウラベニガサ科). 日本菌学会会報. 2018. 59. 2. 47-52
  • Accioly Thiago, Cruz Rhudson H.S.F., Assis Nathalia M., Ishikawa Noemia K., Hosaka Kentaro, Martin Maria P., Baseia Iuri G. Amazonian bird's nest fungi (Basidiomycota) : Current knowledge and novelties on Cyathus species. Mycoscience : official journal of the Mycological Society of Japan. 2018. 59. 5. 331-342
もっと見る
MISC (4件):
  • 保坂健太郎. 土壌中の微生物多様性を次世代シーケンサーで効果的に計測するための基礎研究. 島津科学技術振興財団研究成果報告書. 2014. 2012. 37-40
  • 保坂 健太郎. 発光生物をめぐる謎 : 光るきのこを中心に (特集 発光生物 : なぜホタルやきのこは光るのか). Milsil : 自然と科学の情報誌. 2013. 6. 4. 7-9
  • 保坂健太郎, MUELLER Gregory M., MAY Tom W., MARTIN Francis. 全世界産キツネタケ属(担子菌門・ハラタケ目・ヒドナンギウム科)の比較生物地理学的研究. Institute for Fermentation, Osaka. Research Communications. 2012. 26. 61-70
  • 保坂 健太郎. 菌類って生物界ではどんな位置にあるの? 進化と位置づけ (特集 菌類の世界). Rikatan. 2010. 4. 9. 10-15
書籍 (29件):
  • 植物学の百科事典
    ISBN:4621300385
  • きのこのほん
    ISBN:4894448785
  • 驚きの菌ワールド: 菌類の知られざる世界
    ISBN:4486021363
  • ユナンダキズマ : むかしの暮らし(宮古島市史資料 / 宮古島市教育委員会, 6)
  • きのこのき
    ISBN:4829972084
もっと見る
講演・口頭発表等 (98件):
  • 沖縄島の腹菌類 スッポンタケ目を中心に
    (沖縄生物学会誌 2000)
  • ヒステランギウム属およびラッパタケ目,スッポンタケ目の系統関係と生物地理
    (日本菌学会大会講演要旨集 2002)
  • アメリカ,オレゴン州のダグラスファー林から採集されたヌメリイグチ属の1新種について
    (日本菌学会大会講演要旨集 2003)
  • Global biogeography of Hysterangiales (Basidiomycota): a Gondwanan origin?
    (日本菌学会大会講演要旨集 2005)
  • Gomphoid-phalloid fungiの分類系統
    (日本菌学会大会講演要旨集 2006)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1995 - 1999 琉球大学 理学部 生物学科
  • 1999 - 2005 オレゴン州立大学 Department of Botany and Plant Pathology
学位 (1件):
  • Ph.D (Oregon State University)
経歴 (2件):
  • 2005/12 - 2008/03 Field Museum of Natural History Postdoctoral Fellow
  • 2008/04 - 現在 国立科学博物館 研究主幹
所属学会 (2件):
日本植物分類学会 ,  日本菌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る