研究者
J-GLOBAL ID:201801002839489138   更新日: 2021年11月18日

松尾 和廣

マツオ カズヒロ | Matsuo Kazuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 医療薬学
研究キーワード (7件): 小児薬物治療 ,  臨床薬学 ,  臨床中毒学 ,  救急・集中治療 ,  TDM ,  臨床薬理学 ,  抗菌化学療法
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2011 - 2012 耐性化抑制を目的とした注射用ニューキノロン系抗菌薬の投与設計に関する研究
論文 (22件):
もっと見る
MISC (161件):
書籍 (4件):
  • キノロン系薬の使い方「薬学生・薬剤師レジデントのための感染症学・抗菌薬治療テキスト 第2版」
    じほう 2018
  • visual core pharma 薬物治療学
    南山堂 2018 ISBN:4525720573
  • visual core pharma 薬物治療学
    南山堂 2017 ISBN:4525720565
  • キノロン系薬の使い方「薬学生・薬剤師レジデントのための感染症学・抗菌薬治療テキスト」
    じほう 2015 ISBN:9784840746786
講演・口頭発表等 (167件):
  • メチシリン耐性表皮ブドウ球菌(MRSE)菌血症に対するダプトマイシン使用に関する検討
    (第29回日本医療薬学会年会 2019)
  • ダパグリフロジンにおけるCKD分類別の腎保護作用の検討
    (第29回日本医療薬学会年会 2019)
  • 脳卒中発症後に実施したリハビリテーションの転帰に影響する薬剤の検討
    (第29回日本医療薬学会年会 2019)
  • メチシリン耐性表皮ブドウ球菌(MRSE)菌血症に対するダプトマイシン(DAP)及びバンコマイシン(VCM)の効果に関する検討
    (第66回日本化学療法学会東日本支部総会/第68回日本感染症学会東日本地方会学術集会 合同学会 2019)
  • 精神疾患患者の睡眠状態と向精神薬の関連性に関する研究2- アクチグラフを用いた睡眠状態の検討-
    (第3回日本精神薬学会総会・学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1996 東邦大学 薬学研究科 博士前期課程
  • - 1994 東邦大学 薬学科
学位 (2件):
  • 修士(薬学) (東邦大学)
  • 博士(薬学) (東邦大学)
経歴 (8件):
  • 2021/04 - 現在 東邦大学 薬学部 薬学科 教授
  • 2017/04 - 現在 東邦大学 薬学部 准教授
  • 2017/04 - 2021/03 東邦大学 薬学部 薬学科 准教授
  • 2008/04 - 2017/03 東邦大学 薬学部 薬学科 講師
  • 2008/04 - 2017/03 東邦大学 薬学部 講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2007/07 - 現在 日本中毒学会 編集委員会委員
  • 2004/05 - 現在 東京都病院薬剤師会 抗菌化学療法・感染制御専門領域薬剤師養成特別委員会・特別委員
所属学会 (11件):
日本精神薬学会 ,  薬物治療モニタリング研究会 ,  東京都病院薬剤師会 ,  日本病院薬剤師会 ,  日本環境感染学会 ,  日本感染症学会 ,  日本化学療法学会 ,  日本中毒学会 ,  日本TDM学会 ,  日本薬学会 ,  日本医療薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る