研究者
J-GLOBAL ID:201801002925657086   更新日: 2022年07月01日

猪俣 陽介

Inomata Yosuke
所属機関・部署:
職名: 大学院生
研究分野 (1件): 腫瘍生物学
論文 (10件):
  • Takafumi Shima, Kohei Taniguchi, Yoshihisa Tokumaru, Yosuke Inomata, Jun Arima, Sang-Woong Lee, Kazuaki Takabe, Kazuhiro Yoshida, Kazuhisa Uchiyama. Glucose transporter-1 inhibition overcomes imatinib resistance in gastrointestinal stromal tumor cells. Oncology reports. 2022. 47. 1
  • Kentaro Matsuo, Kohei Taniguchi, Hiroki Hamamoto, Yosuke Inomata, Kazumasa Komura, Tomohito Tanaka, Sang-Woong Lee, Kazuhisa Uchiyama. Delta-like canonical Notch ligand 3 as a potential therapeutic target in malignancies: A brief overview. Cancer science. 2021. 112. 8. 2984-2992
  • Yuko Ito, Kohei Taniguchi, Yuki Kuranaga, Nabil Eid, Yosuke Inomata, Sang-Woong Lee, Kazuhisa Uchiyama. Uptake of MicroRNAs from Exosome-Like Nanovesicles of Edible Plant Juice by Rat Enterocytes. International journal of molecular sciences. 2021. 22. 7
  • Masashi Yamamoto, Kohei Taniguchi, Tomo Tominaga, Masa Aki Shibata, Yosuke Inomata, Kazumasa Komura, Wataru Osumi, Hiroki Hamamoto, Keitaro Tanaka, Junji Okuda, et al. Evaluation of lymphatic flow pattern using indocyanine green fluorescence imaging in a highly metastatic mouse model. Cancer Science. 2021. 112. 2. 774-780
  • Satoshi Kawashima, Nao Kawaguchi, Kohei Taniguchi, Keitaro Tashiro, Kazumasa Komura, Tomohito Tanaka, Yosuke Inomata, Yoshiro Imai, Ryo Tanaka, Masashi Yamamoto, et al. γ-H2AX as a potential indicator of radiosensitivity in colorectal cancer cells. Oncology letters. 2020. 20. 3. 2331-2337
もっと見る
MISC (34件):
  • 猪俣 陽介, 谷口 高平, 杉戸 信彦, 高野 義章, 有馬 純, 赤尾 幸博, 内山 和久. 非アルコール性脂肪性肝炎由来の肝細胞癌におけるワールブルグ効果の重要性. 日本癌学会総会記事. 2021. 80回. [J5-3]
  • 有馬 純, 谷口 高平, 猪俣 陽介, 赤尾 幸博, 内山 和久. 直腸癌再発マウスモデルに対する合成miRNA-143の有効性の検討. 日本癌学会総会記事. 2021. 80回. [P5-7]
  • 冨永 智, 谷口 高平, 柴田 雅朗, 小村 和正, 赤尾 幸博, 木村 光誠, 猪俣 陽介, 碇 彩菜, 前沢 早紀, 岩本 充彦, et al. 乳癌高転移マウス細胞に対する合成microRNA-145-5pの抗がん効果の検証. 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2020. 58回. P-67
  • 谷口 高平, 柴田 雅朗, 伊藤 裕子, 猪俣 陽介, 小村 和正, 赤尾 幸博, 内山 和久. 高転移性乳癌に対する合成microRNA-145-5pの抗癌作用の検討. 日本癌学会総会記事. 2020. 79回. OE5-3
  • 猪俣 陽介, 谷口 高平, 杉戸 信彦, 島 卓史, 高野 義章, 赤尾 幸博, 内山 和久. 非アルコール性脂肪性肝炎由来の肝細胞癌におけるワールブルグ効果の重要性. 日本癌学会総会記事. 2020. 79回. OJ5-6
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2018 - 現在 大阪医科大学大学院医学研究科博士課程
  • 2006 - 2012 大阪医科大学 医学科
所属学会 (3件):
日本癌学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る