研究者
J-GLOBAL ID:201801002931928245   更新日: 2022年07月03日

赤松 大二朗

アカマツ | Akamatsu Daijirou
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 外科学一般、小児外科学
研究キーワード (5件): 腹部大動脈瘤 ,  血管内治療 ,  腹部内臓動脈 ,  大動脈瘤 ,  末梢動脈疾患
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 腹部・腸骨動脈瘤における内腸骨動脈再建の適応と臀筋跛行リハビリテーション法の提示
  • 2019 - 2023 腹部大動脈瘤の拡大速度を規定する病理組織学的因子に関する前向きコホート研究
  • 2019 - 2022 重症下肢虚血における組織障害因子の解明と新たな救肢治療法の開発
  • 2018 - 2021 腹部大動脈瘤拡大におけるHelicobacter Cinaedi菌の関与の解明
  • 2016 - 2020 血管機能検査による内腸骨動脈塞栓に伴う臀筋跛行の予測
全件表示
論文 (61件):
  • Shunya Suzuki, Daijirou Akamatsu, Hitoshi Goto, Takaaki Kakihana, Hirofumi Sugawara, Ken Tsuchida, Yoshitaro Yoshida, Michihisa Umetsu, Takashi Kamei, Michiaki Unno. Prospective clinical study for claudication after endovascular aneurysm repair involving hypogastric artery embolization. Surgery today. 2022
  • 赤松 大二朗, 後藤 均, 橋本 宗敬, 芹澤 玄人, 田島 悠太, 梅津 道久, 堀井 晋一良, 高橋 宏和, 小笠原 紀信, 長岡 洋平, et al. 大動脈気管支瘻腸管瘻に対する治療 一期的開腹手術による二次性腹部大動脈腸管瘻(sAEF)に対する治療成績. 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2022. 122回. WS-4
  • Michihisa Umetsu, Daijirou Akamatsu, Hitoshi Goto, Munetaka Hashimoto, Fukashi Serizawa, Yuta Tajima, Shinichiro Horii, Norinobu Ogasawara, Hirokazu Takahashi, Yohei Nagaoka, et al. Successful Treatment of Giant Common and Proper Hepatic Artery Aneurysm Complicating Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease1. Annals of vascular surgery. 2022
  • 海野 裕一郎, 水間 正道, 赤松 大二朗, 青木 修一, 伊関 雅裕, 川口 桂, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 大塚 英郎, 中川 圭, et al. 浅大腿静脈グラフトを用いて門脈・上腸間膜静脈再建を施行した膵頭部癌の1例. 癌と化学療法. 2021. 48. 13. 1783-1785
  • 梅津 道久, 赤松 大二朗, 亀井 尚. 血栓後症候群の治療経験. 静脈学. 2021. 32. 3. 346-346
もっと見る
MISC (208件):
  • 長尾宗朝, 丹羽準也, 黒沢是之, 土田憲, 赤松大二朗, 今井啓道, 館正弘. 大腿部露出人工血管を温存し,下肢を救済し得た一症例の経験. 日本創傷外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2021. 13th
  • Takaaki Kakihana, Hitoshi Goto, Daijirou Akamatsu, Yusuke Sekiguchi, Mina Akizuki, Hirofumi Sugawara, Ken Tsuchida, Michihisa Umetsu, Shunya Suzuki, Osamu Ito, et al. Efficacy of Endovascular Therapy in Gait Kinetics of Patients with Peripheral Arterial Disease with Intermittent Claudication. European Journal of Vascular and Endovascular Surgery. 2019. 58. 6(Suppl.3). e425-e425
  • Useful Imaging to Detect Macrophage Localization in the Media and Adventitia of the Abdominal Aortic Aneurysm Wall Using Ex Vivo Superparamagnetic Iron Oxide-enhanced Magnetic Resonance Imaging. European Journal of Vascular and Endovascular Surgery. 2019. 58. 6(Suppl.3). e788-e788
  • Study on Prognosis of Buttock Claudication in Endovascular Aneurysm Repair Cases Involving Internal Iliac Artery Embolization-comparison of Bilateral and Unilateral Embolization. European Journal of Vascular and Endovascular Surgery. 2019. 58. 6(Suppl.3). e793-e794
  • 菅原 宏文, 後藤 均, 赤松 大二朗, 土田 憲, 吉田 良太朗, 梅津 道久, 鈴木 峻也, 堀井 晋一良, 小笠原 紀信, 高橋 宏和, et al. 症候性上腸間膜動脈解離症例の検討. 脈管学. 2019. 59. Suppl. S190-S190
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2005 東北大学大学院医学系研究科
  • 1992 - 1998 山形大学
  • 1989 - 1992 仙台第二高等学校
学位 (1件):
  • 博士 (東北大学)
経歴 (2件):
  • 2021/04 - 現在 東北大学病院 総合外科 准教授
  • 2017/04 - 2020/03 東北大学病院 総合外科 講師
所属学会 (6件):
日本動脈硬化学会 ,  日本循環器学会 ,  日本心臓血管外科学会 ,  日本血管外科学会 ,  日本脈管学会 ,  日本外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る