研究者
J-GLOBAL ID:201801002949302173   更新日: 2021年03月24日

加藤 君子

KATOH Kimiko
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (5件): システムゲノム科学 ,  医化学 ,  分子生物学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (5件): Rett症候群 ,  X連鎖性疾患 ,  X染色体不活性化 ,  神経発生 ,  エピジェネティクス
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 新たなアプローチによるX連鎖性疾患に伴うskewed X染色体不活性化機構の解明
  • 2019 - 2022 軽度知的障害が見られるR3HDM1欠損症の脳病態の解明
  • 2017 - 2020 X連鎖性疾患におけるX染色体不活性化機構の解析
  • 2015 - 2016 神経組織におけるランダム型片アレル性発現の意義
  • 2014 - 2015 発生過程におけるランダム型片アレル性発現遺伝子の解析
全件表示
論文 (12件):
MISC (7件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • 症状が異なるXq27.1q28欠失の2女児例のX染色体不活性化解析
    (第91回日本生化学会大会 2018)
  • Two female patients with Xq27.3q28 deletion and skewed X-inactivation show similar phenotypes of Hunter syndrome
    (XXIII World Congress of Neurology 2017)
  • Xq27-q28に欠失が見られた 1女児症例
    (第106回東海臨床遺伝・代謝懇話会 2017)
  • 細胞の多能性を制御する新規のエピジェネティック情報の探索.
    (NGS現場の会第2回研究会 2012)
  • Regulation of photoreceptor cell fate determination by Blimp1 transcriptional repressor
    (FASEB Retinal Neurobiology and Visual Processing Conference 2010)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2007 - 2010 京都大学 生命機能科学専攻
  • 2005 - 2007 東北大学 高次生命科学専攻
  • 2005 - 2005 東北大学
  • 2001 - 2005 東北大学 生物化学系
学位 (1件):
  • 生命科学 (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2016/09 - 現在 愛知県医療療育総合センター 発達障害研究所 研究員
  • 2014/02 - 2016/08 キュリー研究所 遺伝学・発生生物学ユニット ポスドク
  • 2013/04 - 2014/01 大阪大学 蛋白質研究所 特別研究員
  • 2012/04 - 2013/03 京都大学 iPS細胞研究所 特定研究員
  • 2011/04 - 2012/03 大阪バイオサイエンス研究所 発生生物学部 特別プロジェクト研究員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2010/05 - 日本生化学会近畿支部 優秀発表賞 網膜発生過程におけるBlimp1の機能解析
  • 2005/05 - 大阪バイオサイエンス研究所 研究奨励賞
所属学会 (3件):
日本エピジェネティクス研究会 ,  日本生化学会 ,  日本神経科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る