研究者
J-GLOBAL ID:201801002971669102   更新日: 2021年10月26日

市瀬 晶子

イチノセ アキコ | Ichinose Akiko
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 社会福祉学
研究キーワード (4件): 高齢者福祉 ,  自殺予防 ,  認知症ケア ,  スピリチュアルケア
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2023 「関係発達論による認知症の人のエンド・オブ・ライフケアの構築-日瑞の比較を通して-」
  • 2013 - 2016 「自殺予防における福祉モデルの構築-自殺を企図する人の『居場所』の創出に着目して-」
  • 2010 - 2012 「大学における自殺予防教育プログラム開発に関する研究」
  • 2010 - 2011 「認知症を生きる高齢者の生のありようと認知症高齢者のスピリチュアルケアに関する研究」
論文 (10件):
もっと見る
MISC (2件):
  • 市瀬晶子. エピソード記述の可能性の検討-『他者とともに生きる枠組み』を切り開くパラダイムとして. 社会福祉教育・研究における「エピソード記述」の展開. 2016. 13-15
  • 市瀬 晶子, 木原 活信. 自殺におけるスピリチュアルペインとソーシャルワーク (特集 人の痛みに寄り添う : スピリチュアルペインとソーシャルワーク). ソーシャルワーク研究. 2013. 38. 4. 248-254
書籍 (2件):
  • 自殺をケアするということ
    2015
  • ソーシャルワーク
    2015
講演・口頭発表等 (8件):
  • 「日本における認知症対策」
    (中日人口老齢化社会対策国際シンポジウム(吉林大学、中国) 2018)
  • “Do definitions matter? Reflections from an ongoing study on end of life care for older persons with dementia in Japan and Sweden”
    (3rd International biannual conference Life With Dementia 2016, Linköping University(Linköping, Sweden) 2016)
  • “HOW IS PALLIATIVE CARE FOR OLDER PERSONS WITH DEMENTIA PRESENTED IN POLICY DOCUMENT S AND RESEARCH PUB LICATIONS IN JAPAN AND SWEDEN?”
    (The International Association of Gerontology and Geriatric Asia/Oceania Congress(Chiang Mai, Thailand) 2015)
  • 「大学コミュニティにおける自殺予防研究・実践の動向と課題-海外の研究動向を中心として-」
    (日本社会福祉学会第63回 2014)
  • 「エンド・オブ・ライフにおけるスピリチュアルケアの研究動向」
    (日本キリスト教社会福祉学会第55回大会 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2007 - 2011 同志社大学 社会福祉学専攻博士後期課程
  • 2005 - 2007 首都大学東京 社会福祉学専攻博士前期課程
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 関西学院大学 人間福祉学部 准教授
  • 2016/04 - 2020/03 関西学院大学 人間福祉学部 専任講師
  • 2012/04 - 2016/03 関西学院大学 人間福祉学部 任期制助教
  • 2011/04 - 2012/03 同志社大学 社会学部社会福祉学科 実習助手
委員歴 (1件):
  • 2014/04 - 現在 日本キリスト教社会福祉学会 理論研究委員会委員
所属学会 (3件):
日本自殺予防学会 ,  日本キリスト教社会福祉学会 ,  日本社会福祉学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る