研究者
J-GLOBAL ID:201801002972492443   更新日: 2020年09月01日

目黒 牧子

メグロ マキコ | Meguro Makiko
所属機関・部署:
職名: 博士研究員
ホームページURL (1件): http://chromosome.w3.kanazawa-u.ac.jp/horike/index.html
研究分野 (4件): 分子生物学 ,  実験動物学 ,  医化学 ,  ゲノム生物学
研究キーワード (6件): アンジェルマン症候群 ,  ヒト染色体工学 ,  プラダー・ウィリー症候群 ,  自閉症 ,  ゲノムインプリンティング ,  エピジェネティクス
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2014 - 2017 エピジェネティック因子MBD5による発達障害発症機序の解明
  • 2009 - 2011 ヒト15番染色体移入による自閉症モデルマウスの作製
  • 2009 - 2009 哺乳類のゲノム刷り込み獲得に必須な因子の同定
  • 2007 - 2008 オートファジー依存的免疫応答機構の解明
  • 2002 - 2004 発がんに関わるゲノム刷り込み遺伝子の網羅的解析と制御機構解析
全件表示
論文 (39件):
  • Tomoki Togashi, Makiko Meguro-Horike, Satomi Nagaya, Sayaka Sugihara, Tatsuo Ichinohe, Yuhei Araiso, Koichi Yamaguchi, Kotaro Mori, Yuta Imai, Kana Kuzasa, et al. Molecular genetic analysis of inherited protein C deficiency caused by the novel large deletion across two exons of PROC. Thrombosis research. 2020. 188. 115-118
  • Togashi T, Nagaya S, Nagasawa M, Meguro-Horike M, Nogami K, Imai Y, Kuzasa K, Sekiya A, Horike SI, Asakura H, et al. Genetic analysis of a compound heterozygous patient with congenital factor X deficiency and regular replacement therapy with a prothrombin complex concentrate. International journal of hematology. 2019
  • Tatsunori Nishimura, Asuka Nakata, Xiaoxi Chen, Kurumi Nishi, Makiko Meguro-Horike, Soichiro Sasaki, Kenji Kita, Shin-Ichi Horike, Kaori Saitoh, Keiko Kato, et al. Cancer stem-like properties and gefitinib resistance are dependent on purine synthetic metabolism mediated by the mitochondrial enzyme MTHFD2. Oncogene. 2019. 38. 14. 2464-2481
  • Masayuki Itoh, Hongmei Dai, Shin-Ichi Horike, John Gonzalez, Yoshikazu Kitami, Makiko Meguro-Horike, Ichiro Kuki, Shuichi Shimakawa, Harumi Yoshinaga, Yoko Ota, et al. Biallelic KARS pathogenic variants cause an early-onset progressive leukodystrophy. Brain : a journal of neurology. 2019. 142. 3. 560-573
  • Taketani H, Nishikawa T, Nakajima H, Kodo K, Sugimoto S, Aoi W, Horike SI, Meguro-Horike M, Ishiba H, Seko Y, et al. Aging-associated impairment in metabolic compensation by subcutaneous adipose tissue promotes diet-induced fatty liver disease in mice. Diabetes, metabolic syndrome and obesity : targets and therapy. 2019. 12. 1473-1492
もっと見る
MISC (52件):
学歴 (2件):
  • 1996 - 1998 鳥取大学 医学系研究科生命科学系専攻
  • 1992 - 1996 鳥取大学 生命科学科
学位 (1件):
  • 博士(生命科学) (鳥取大学)
経歴 (6件):
  • 2012/04 - 現在 金沢大学 学際科学実験センター 博士研究員
  • 2009/04 - 2012/03 金沢大学 学際科学実験センター 日本学術振興会 特別研究員
  • 2007/11 - 2009/03 金沢大学 フロンティアサイエンス機構 博士研究員
  • 2006/11 - 2007/10 徳島大学 疾患酵素学研究センター 博士研究員
  • 2004/11 - 2006/10 トロント小児病院(カナダ) 博士研究員
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る