研究者
J-GLOBAL ID:201801003045944619   更新日: 2024年06月27日

國川 慶太

クニカワ ケイタ | Kunikawa Keita
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://www-math.st.tokushima-u.ac.jp/~kunikawa/index.html
研究分野 (1件): 幾何学
研究キーワード (4件): リッチフロー ,  微分幾何学 ,  幾何解析 ,  平均曲率流
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2023 - 2028 時間発展するリーマン多様体上の幾何解析
  • 2022 - 2025 呼吸器疾患診断に関わる解析の必要性に基づく数理的手法群の総合構築
  • 2019 - 2022 平均曲率流のII型特異性に関する研究
  • 2016 - 2017 一般余次元の平均曲率流
  • 2015 - 2015 高余次元の平均曲率流と特異点
論文 (16件):
  • Keita Kunikawa, Yohei Sakurai. Almost splitting and quantitative stratification for super Ricci flow. arXiv. 2023
  • Keita Kunikawa, Yohei Sakurai. Yau and Souplet-Zhang type gradient estimates on Riemannian manifolds with boundary under Dirichlet boundary condition. Proceedings of the American Mathematical Society. 2022. 150. 4. 1767-1777
  • Keita Kunikawa, Yohei Sakurai. Gaussian heat kernel estimates of Bamler-Zhang type along super Ricci flow. arXiv. 2022
  • Keita Kunikawa, Yohei Sakurai. Liouville Theorem for Heat Equation Along Ancient Super Ricci Flow Via Reduced Geometry. The Journal of Geometric Analysis. 2021. 31. 12. 11899-11930
  • Keita Kunikawa, Yohei Sakurai. Liouville theorems for harmonic map heat flow along ancient super Ricci flow via reduced geometry. Calculus of Variations and Partial Differential Equations. 2021. 60. 5
もっと見る
MISC (8件):
  • 國川慶太. 平均曲率流方程式. 数理科学(サイエンス社). 2024. 62. 2. 30-37
  • 國川慶太. ハイパーケーラー多様体での平均曲率流. 数理解析研究所講究録. 2020. 2145. 47-53
  • 國川 慶太. ハイパーケーラー多様体内の平均曲率流の収束. 部分多様体論・湯沢2018報告集. 2019
  • 梶ケ谷徹, 國川慶太. ファノ多様体内のラグランジュ平均曲率流の収束. 数理解析研究所講究録. 2018. 2068. 1-21
  • 國川 慶太. Rigidity theorem for eternal solutions to Lagrangian mean curvature flow. 「2016年度福岡大学微分幾何研究集会」報告集. 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (77件):
  • Self-shrinkerのモース指数評価と今後の課題
    (RIMS共同研究(公開型) 部分多様体と離散化の幾何学 2024)
  • 余次元の高いself-shrinkerのモース指数評価
    (福岡大学微分幾何セミナー 2024)
  • Index estimate for self-shrinkers in higher codimension
    (MATRIX-RIMS Tandem Workshop: Evolutionary Partial Differential Equations and Applications 2024)
  • Index estimate for self-shrinkers in higher codimension
    (The 4th International Conference on Surfaces, Analysis, and Numerics in Differential Geometry 2024)
  • Morse index and first Betti number for self-shrinkers in higher codimension
    (部分多様体幾何とリー群作用2023 2023)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2013 - 2015 東北大学 理学研究科 数学専攻
  • 2011 - 2013 東北大学 理学研究科 数学専攻
  • 2006 - 2011 東北大学 理学部 数学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東北大学)
経歴 (8件):
  • 2023/04 - 現在 徳島大学 大学院社会産業理工学研究部 講師
  • 2021/03 - 2022/03 宇都宮大学 共同教育学部 助教
  • 2017/07 - 2021/02 東北大学 材料科学高等研究所 助教
  • 2016/10 - 2017/06 Max Planck Institute for Mathematics in the Sciences, Leipzig 研究滞在
  • 2016/04 - 2017/06 名古屋大学 大学院多元数理科学研究科 日本学術振興会 特別研究員(PD)
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2018/04 - 2019/03 東北大学幾何セミナー 世話人
受賞 (5件):
  • 2024/04 - 徳島大学 教養教育賞 令和5年度 微分積分学 I
  • 2022/11 - 宇都宮大学 学長表彰優秀賞(研究) 2021年度の研究業績に基づく学内評価
  • 2022/10 - 宇都宮大学研究推進機構 若手研究者奨励賞(人文・社会)
  • 2016/03 - 青葉理学振興会 青葉理学振興会賞
  • 2016/03 - 公益財団法人 川井数理科学財団 博士論文 川井賞
所属学会 (1件):
日本数学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る