研究者
J-GLOBAL ID:201801003060358670   更新日: 2024年07月14日

中里 道子

ナカザト ミチコ | Nakazato Michiko
所属機関・部署:
職名: 教授(代表)
研究分野 (3件): 精神神経科学 ,  精神神経科学 ,  精神神経科学
研究キーワード (3件): モーズレイ神経性やせ症治療(MANTRA) ,  オンライン認知行動療法 ,  臨床精神医学
論文 (58件):
  • Rie Kuge, Ayano Hasegawa, Yuriko Morino, Michiko Nakazato. Group cognitive remediation therapy for adolescents with anorexia nervosa: Outcomes before, after, and during follow-up in a real-world setting in Japan. Clinical child psychology and psychiatry. 2024. 13591045241259255-13591045241259255
  • Yusuke Sudo, Junko Ota, Tsunehiko Takamura, Rio Kamashita, Sayo Hamatani, Noriko Numata, Ritu Bhusal Chhatkuli, Tokiko Yoshida, Jumpei Takahashi, Hitomi Kitagawa, et al. Comprehensive elucidation of resting-state functional connectivity in anorexia nervosa by a multicenter cross-sectional study. Psychological medicine. 2024. 1-14
  • Rio Kamashita, Rikukage Setsu, Noriko Numata, Yasuko Koga, Michiko Nakazato, Koji Matsumoto, Hiroki Ando, Yoshitada Masuda, Sertap Maral, Eiji Shimizu, et al. Atypical social cognition processing in bulimia nervosa: an fMRI study of patients thinking of others' mental states. BioPsychoSocial medicine. 2024. 18. 1. 5-5
  • Keima Tose, Tsunehiko Takamura, Masanori Isobe, Yoshiyuki Hirano, Yasuhiro Sato, Naoki Kodama, Kazufumi Yoshihara, Norihide Maikusa, Yoshiya Moriguchi, Tomomi Noda, et al. Systematic reduction of gray matter volume in anorexia nervosa, but relative enlargement with clinical symptoms in the prefrontal and posterior insular cortices: a multicenter neuroimaging study. Molecular psychiatry. 2024
  • Noriaki Ohsako, Hiroshi Kimura, Tasuku Hashimoto, Yutaka Hosoda, Yosuke Inaba, Masaomi Iyo, Michiko Nakazato. A pilot trial of an online guided self-help cognitive behavioral therapy program for bulimia nervosa and binge eating disorder in Japanese patients. BioPsychoSocial medicine. 2023. 17. 1. 37-37
もっと見る
MISC (19件):
  • 鈴木 知子, 和田 耕治, Basilua Muzembo A., Januka Khatiwada, Nattadech Choomplang, Garidkhuu Ariuntuul, 中里 道子, 池田 俊也. 医療系大学生の各発達障害傾向の違いによるうつ病との関連. 国際医療福祉大学学会誌. 2020. 25. 抄録号. 154-154
  • 鈴木 知子, 和田 耕治, 中里 道子, 池田 俊也. 本大学学生の生活習慣行動と幸福感および生活満足度との関連. 国際医療福祉大学学会誌. 2019. 24. 抄録号. 160-160
  • 鈴木 知子, 宮木 幸一, 中里 道子, 池田 俊也, シュプラング・ナッタデット, 児玉 裕子. 自閉スペクトラム症傾向と注意欠如・多動性障害傾向の程度による大学生の精神健康状態. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2017. 76回. 316-316
  • 薛 陸景, 中里 道子. 摂食障害の認知行動療法 (特集 認知行動療法の現在とこれから : 医療現場への普及と質の確保に向けて). 精神医学 = Clinical psychiatry. 2017. 59. 5. 459-466
  • 中里 道子, 公家 里依. 児童期・思春期のやせ : 神経性やせ症と回避・制限性食物摂取症 (特集 鑑別しにくい精神症状や行動障害をどう診分けるか). 精神科治療学. 2017. 32. 1. 111-116
もっと見る
書籍 (4件):
  • モーズレイ神経性やせ症治療mantraワークブック
    南山堂 2021 ISBN:9784525381912
  • モーズレイ摂食障害支援マニュアル : 当事者と家族をささえるコラボレーション・ケア
    金剛出版 2014 ISBN:9784772413664
  • モーズレイ・モデルによる家族のための摂食障害こころのケア
    新水社 2008 ISBN:9784883851126
  • 過食症サバイバルキット : ひと口ずつ,少しずつよくなろう
    金剛出版 2007 ISBN:9784772409537
講演・口頭発表等 (13件):
  • 摂食障害の早期発見と早期介入に向けて
    (第26回日本精神保健・予防学会学術集会 2023)
  • 摂食障害の多職種支援: スタンダード・ケアの輪を育もう
    (第26回日本摂食障害学会学術集会 2023)
  • 日本語版ワークブックを用いたモーズレイ式神経性やせ症治療(MANTRA)
    (第26回日本摂食障害学会学術集会 2023)
  • モーズレイ神経性やせ症治療(MANTRA)の普及と実践に向けて.
    (第119回日本精神神経学会 2023)
  • 過食性障害の診断と治療.
    (第43回日本肥満学会/ 第40回 日本肥満症治療学会 2022)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (千葉大学)
経歴 (4件):
  • 2023/04 - 現在 国際医療福祉大学成田病院 精神科 教授(代表)
  • 2017/04 - 2023/03 国際医療福祉大学医学部 精神医学 主任教授
  • 精神医学研究所、英国
  • 千葉大学大学院医学研究院 精神医学 特任教授
委員歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 成田市精神保健福祉推進協議会委員
  • 2020 - 現在 東京精神医学会 (理事)
  • 2019 - 現在 日本精神神経学会専門医試験委員
  • 2018/04 - 2024/03 厚生労働省 社会保障審議会医療観察法部会委員
  • Fellow in the Academy for Eating Disorders (FAED)
全件表示
所属学会 (9件):
日本生物学的精神医学会 ,  東京精神医学会 ,  日本総合病院精神医学会 ,  Eating Disorders Research Society ,  Academy for Eating Disorders (FAED) ,  日本認知療法・認知行動療法学会 ,  日本児童青年精神医学会 ,  日本摂食障害学会 ,  日本精神神経学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る